寝る前の電話で惚れ直す? 恋人がきゅんとする恋愛テクニック

学生の窓口編集部
2015/11/29
恋愛
あとで読む

恋愛の始めのうちは長電話をついついしてしまいがちです。しかし忙しいときなどもあり、なかなか毎回長電話をすることができない人も多いのではないでしょうか。電話の回数が減ってしまっている人も使える、寝る前の効果的な電話を紹介します。

■寝る前の5分だけ話す

「寝る前に5分だけ話そう!」など、時間は短くても問題ありません。寝る前に相手の声を聞くと、眠るときに相手の声が頭の中に残ります。もしかすると声を聞いて会いたくなるかもしれません。相手のことを意識しながら寝ることになるのでとても恋愛の気持ちを深める電話になります。長電話したいけれど、ここは我慢して5分としてみるのもいいでしょう。自分の時間や相手の時間も大切にしていると感じます。久々に電話をするとついついいろいろ話してあっという間に時間が経ってしまいます。まだ話したかったなと思うくらいに余韻を残すことも効果があります。

■「おやすみ」だけで十分

何を話せばいいかわからない時には、「おやすみって言いたかった」だけで十分気持ちは伝わります。気持ちよく眠りにつけることでしょう。今日の出来事を少し話すきっかけになるかもしれません。メールで「おやすみ」と打つだけよりも電話で「おやすみ」と声を聞くことが大切です。お互いにおやすみと言い合うだけでも、相手の心に残ります。

■「声が聞きたくなった!」

「寝る前に少し声が聞きたくなった!」と言われて嫌な気分になる人はいないでしょう。寝る前にいい気分になって眠ることができるため、いい夢が見られたり、相手が夢にでてきたりするかもしれません。特に話すことがなくてもこんな風に言われたら、声を聞いただけで相手を恋しく思う気持ちが膨らんでいきます。一言で相手のハートを掴んでしまいます。

■「今電話大丈夫?」のメール

突然電話がかかってくることも嬉しいです。けれど少し余裕をもってメールで聞いてから電話をすると、より相手への気遣いが感じられるでしょう。特に伝えたいことがなかった時でも、こんな風に聞いてみてからかけるのもいいです。何だろう?とワクワクした気分になります。いつもはメールだけだけど、たまには電話で声を聞くのもいいなと思うきっかけになるかもしれません。

■たまには相談してみる

悩み事を自分から相談してすることもおすすめです。些細なことでもいいので、自分の弱い部分を少しさらして、共有することもお互いへの気持が深まるきっかけになります。そして悩みを相談されると、ついつい自分の悩みも話したくなってしまうものです。お互いに支えあっていける存在になると2人の絆はより強く深くなります。いつも強くて頼りがいのある人でいるのは少し疲れてしまいます。完璧な人でなくてもいいです。

寝る前の電話は思っている以上に相手の印象に残ります。特に話すことがないなというときでも、メールでおやすみと入れるのではなく、「おやすみ」という相手の声を聞くだけで相手のことを意識します。「声が聞きたかった」と言われたら誰でも嬉しい気持ちになるでしょう。

関連記事

おすすめの記事

合わせて読みたい

編集部ピックアップ

「大学生活」のカテゴリを絞り込む

学生の窓口会員になるとこんなにお得!

  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    記事やイベント

  • 会員限定の
    セミナー開催

無料会員登録

あなたのきっかけを探そう

気になる #キーワード をタッチ

もっと見る

テーマから探そう

あなたへのきっかけが詰まった、6つのトビラ

会員登録でマイナビ学生の窓口をもっと楽しく!

閉じる
マイナビ学生の窓口に会員登録(無料)すると、
お気に入り機能などを利用してもっと便利にご活用いただけます!
  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催