3回目の告白は成功する本当?しつこくない恋愛テクニック

学生の窓口編集部
2015/11/27
恋愛
あとで読む

告白はなかなか勇気がいります。できることなら成功したい告白。いったいどんなときに告白するとより成功率があがるのでしょうか。3回目のデートでの告白がいい理由や告白が失敗したときのチャンスがあるかの見極めポイントを紹介します。

■3回目のデート

告白のタイミングで1番のおすすめは「3回目のデート」です。1回目のデートはお互いに緊張したり、まだまだ距離感も感じたりといったことも多いのではないでしょうか。お互いの好きなことや好みを知り、少し相手を知れたかなというくらいで終わってしまいますよね。2回目のデートは1回目よりもお互いに緊張もほぐれて話しやすくなったり、好きなものを共有したり、2人の距離感もグンと縮まっていきます。実際に1~2回のデートで相手のことを知り、自分のことを知ってもらうことができた後に、やっぱりこの人いいなとお互いに判断すると3回目のデートにつながると思います。3回目のデートということが、お互いに相手に好意を持ってきている証しです。告白をされる側も、やっぱり自分を見て知ってもらってから告白されると、素の自分に好意を持ってもらえたと感じて嬉しいものです。3回目以降のデートになってくると、新鮮味も薄れてしまうため、友だちみたいな関係に陥ってしまうこともあります。ドキドキの続いている3回目のデートが最適な告白のタイミングと言えます。

■好意を示す

3回目のデートでの告白を考え始めたら、少しずつ相手への好意があることをスキンシップなどさりげなく取り入れて、好意を伝えていくように心がけましょう。手をつなぐということはちょっとハードルも高いかもしれませんが、危ないなと思った時に、さっと引きよせて相手を守って見せるなど距離感を縮めることも大切です。好意を持っているよとさりげなく伝わるような行動を心がけてください。

■いざ告白!

3回目のデートは、デートの後半になったらいつでも告白してOKです。できるだけ雰囲気のいい場所や静かな場所、2人だけの場所など、思い出の場所となるはずなので、シチュエーションを考えておくといいです。女性はロマンチックなのが苦手な人はいるけど嫌いな人はとても少ないです。今だなと感じる瞬間を逃さないように、ストレートな言葉で伝えましょう。回りくどいよりストレートな言葉のほうが心にスーッと届きます。もし失敗に終わってしまった時は、そのままその雰囲気も静かに味わいましょう。もし相手が初めて好意を持ってくれていたことに気付いたという感じであれば、まだ終わりではないかもしれません。告白を断ってしまった方からは連絡がし辛いので、こんな時は自分からもう一度だけ誘ってみるのもいいでしょう。誘いに乗ってくれたなら、もう少し時間をかけてから再チャレンジをするチャンスがあります。誘いを断るようであれば、ここですっぱりあきらめましょう。しつこいといい思い出も全部水の泡です。

告白したいと思う人が現れたら、3回目のデートを告白する日としましょう。1~2回目のデートで自分の好意を伝えるスキンシップを取り入れていくことも大切です。実際の告白はストレートに気持ちを伝えましょう。失敗でもチャンスがあるかもしれません。しっかり見極めてしつこくならないようにすることがポイントです。

関連記事

おすすめの記事

合わせて読みたい

編集部ピックアップ

「大学生活」のカテゴリを絞り込む

学生の窓口会員になるとこんなにお得!

  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    記事やイベント

  • 会員限定の
    セミナー開催

無料会員登録

あなたのきっかけを探そう

気になる #キーワード をタッチ

もっと見る

テーマから探そう

あなたへのきっかけが詰まった、6つのトビラ

春からFES

会員登録でマイナビ学生の窓口をもっと楽しく!

閉じる
マイナビ学生の窓口に会員登録(無料)すると、
お気に入り機能などを利用してもっと便利にご活用いただけます!
  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催