小犬や小猫を見るだけで集中力40%増し? 悩める英学生のために小犬ルーム誕生 2ページ目

学生の窓口編集部

お気に入り!

あとで読む


学生組合のSOS(Stressed Out Students/イライラの学生)キャンペーンの一環として始められたこの企画は、盲導犬チャリティー団体の協力により実現したのだとか。学生は1ポンドの寄付を行うことによって小犬とふれあうことができます。心の休息が必要だと感じた時に管理人と一緒に「chill room(落ち着くための部屋)」へ入り、元気を取り戻すのだそうです。

2 4

関連記事

「大学生活」カテゴリの別のテーマの記事を見る

おすすめの記事

合わせて読みたい

編集部ピックアップ

学生の窓口会員になってきっかけを探そう!

  • 会員限定の
    コンテンツやイベント

  • 会員限定の
    セミナー開催

  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

一歩を踏み出せば世界が変わる無料会員登録

この記事に関連するタグ

あなたのきっかけを探そう

気になる #キーワード をタッチ

テーマから探そう

あなたへのきっかけが詰まった、6つのトビラ

会員登録でマイナビ学生の窓口をもっと楽しく!

閉じる
マイナビ学生の窓口に会員登録(無料)すると、
お気に入り機能などを利用してもっと便利にご活用いただけます!
  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催