デキル女はここが違う! デート後の気づかいモテメール3選

学生の窓口編集部
2015/11/26
恋愛
あとで読む

デートの後でお礼メールを送っている人は多いはず。でも、当たり前のメールじゃ、単なる挨拶と思われてしまうかも?お礼メールもみんなと同じじゃ差がつきません。他の子とちょっと差がつく、デート終わりの気づかいモテメールを3つ紹介します。

■ぎこちない初デートの後には……

何かと緊張することが多いのが初デート。楽しいデートのはずが、緊張のあまりぎこちない雰囲気になってしまうことも多々あります。そんな時は、あなたもがっかりしているかもしれませんが、誘った相手はもっと落ち込んでいるものです。今日は失敗してしまった、次はもうないかも、と思ってしまっているかもしれません。そんな時は、お礼メールに「一緒にいるだけで楽しかった、また誘ってね。」という一文をプラスして。ごこちないデートのお礼メールに「楽しかった」と書くのは嘘っぽいですが、デートの内容より、一緒にいることが楽しかったんだよ、ということを伝えて、相手に安心感を与えるのがコツ。「また誘ってね」と書いてあれば、「あ、また誘ってもいいんだ。」とわかって相手も安心しますし、もしその日うまくいかなかったとしても、次につなげることができます。

■美味しい料理を楽しんだ食事デートの後には…

美味しい料理やお酒を楽しんだ食事デート。もし食事デートで相手がごちそうしてくれたら、お礼メールでは、「今日はごちそうさま、○○が美味しかった。」と、具体的な料理名を伝えましょう。単に美味しかったというだけでなく、そこに食べた料理名が添えてあると、ぐっと具体性が増してくるので、あなたのメールの内容が真実味を帯びてきます。

ごちそうしたからには、満足してもらえなかったら相手もがっかりです。単に美味しかった、と言われるよりも、「○○(料理名)が美味しかった。」と具体的に伝えることで、本当に満足してくれたんだな、ということがわかり、相手にも「デート成功!」と思ってもらえます。割り勘でも「○○が美味しかったね。」と送れば、話が弾みます。

■彼の運転でのドライブデートの後には…

ドライブデートの後は、乗せてもらったお礼と、運転おつかれさまの気持ちを込めて、「今日はありがとう、運転お疲れさまでした。○○君は運転が上手なので、安心して助手席に乗っていられました。」というメールを送ってみて。

これは、「お礼」+「相手へのねぎらい」という基本ポイントに加えて、運転をほめることで、ちょっぴり相手の自尊心をくすぐります。また、このメールは、他の人が運転する車に乗ったことがある、ということを暗ににおわせるので、相手はほめられたことに対する嬉しさと同時に、「他の男の運転する車にも乗ったことがあるの!?」という嫉妬心も生まれる、ちょっぴり高等なテクニックです。

いかがでしたか? お礼の言葉に加えて、相手を気づかう気持ちを伝えることが、デート終わりのメールのポイントです。デートのお礼メールは、相手も熱がまだ冷めない当日のうちに送るのがコツです。デート終わりの気づかいメールで、次につながるデートを締めくくりましょう。

関連記事

おすすめの記事

合わせて読みたい

編集部ピックアップ

「大学生活」のカテゴリを絞り込む

学生の窓口会員になるとこんなにお得!

  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    記事やイベント

  • 会員限定の
    セミナー開催

無料会員登録

あなたのきっかけを探そう

気になる #キーワード をタッチ

もっと見る

テーマから探そう

あなたへのきっかけが詰まった、6つのトビラ

会員登録でマイナビ学生の窓口をもっと楽しく!

閉じる
マイナビ学生の窓口に会員登録(無料)すると、
お気に入り機能などを利用してもっと便利にご活用いただけます!
  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催