【デカ盛り】ビジュアル圧巻! そば通も満足する富士山もりの横浜・山下町『味奈登庵 本店』

学生の窓口編集部
2015/10/01
グルメ
あとで読む

横浜・山下町といえば中華街にもほど近く、異国情緒あふれる街。そのなかでコストパフォーマンスのよさで長年愛される日本そばの店がある。昭和47年創業の「味奈登庵 本店」は、もり・かけ1杯500円という大衆的な価格ながら、並もり(麺量320g)・大もり(同550g)はもちろん、うずたかく積み上げられた麺量1kgの富士山もりまで同一価格で提供しているのだ。官庁街のビジネスマンのランチタイムはもちろん、休日のファミリー層まで幅広い支持を集めている。
●ワンコインで富士山もり1kgを堪能
人気の理由は単なるボリューム重視だけでなく、そばとしてのクオリティーもしっかりと維持していることにある。単価を抑えるためそば粉は北米産を中心とした外国産を使用しているが、全16店舗で使用する自家製麺は朝と午後の2回に分けて打ち、その日のうちに使い切る。また、常にオーダー後の茹でたてにこだわるので、安価ながらも、そば粉の風味もそこそこに立ち、のど越しもなめらかなそばを堪能することができる。

●昔ながらの基本を守るそばのクオリティー
つゆも、かつおとソーダ、サバから取った一番だしに、醤油とみりん、ザラメをあわせて2週間寝かせた自家製のかえしを合わせる、江戸時代から伝わる製法を守る本格派。化学調味料も不使用のため、そば湯もすっきりとした後味で楽しめる。原価を抑えつつも厳選した材料を基本に忠実に仕込むとあって、富士山もりでも大食漢なら飽きることなくスッと胃に収まってしまうのが味奈登庵のそばの実力。
来店者の1割程度が富士山もりをオーダーするというから、安さとボリュームだけを売りにする商品ではない。そばの付け合わせには、海老、かぼちゃ、おくら、ごぼうの天ぷらを盛り合わせた「つけ天」が一番人気。富士山もりにつけ天を合わせても900円というリーズナブルさだから、そば好きの大食漢は確実に満足できるはずだ。全16店には本店と同様のフルサービス店のほかに、商品の受け取りや片付けを自分で行うセルフサービス店があり、そちらでは並もり300円、大盛り400円とより一層オトクに味奈登庵のそばを楽しめるようなっている。

【店舗データ】
店名:味奈登庵 本店
所在地:神奈川県横浜市中区山下町25
営業時間:11:00~22:30
定休日:なし
HP:http://www.minatoan.com/
※フルサービス店(本店、本牧店、都筑佐江戸店、大倉山店ほか)、セルフサービス店(関内店、横浜市役所店、白楽駅前店、武蔵小杉店ほか)

【その他メニュー名 価格】
・むじな(たぬき+きつね)650円・カレー南ばん780円・鴨せいろ1000円※すべて税込価格



関連記事

関連キーワード

おすすめの記事

編集部ピックアップ

「大学生活」のカテゴリを絞り込む

学生の窓口会員になるとこんなにお得!

  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    記事やイベント

  • 会員限定の
    セミナー開催

無料会員登録

あなたのきっかけを探そう

気になる #キーワード をタッチ

もっと見る

テーマから探そう

あなたへのきっかけが詰まった、6つのトビラ

会員登録でマイナビ学生の窓口をもっと楽しく!

閉じる
マイナビ学生の窓口に会員登録(無料)すると、
お気に入り機能などを利用してもっと便利にご活用いただけます!
  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催