オシャレは我慢!とはいうものの、ハイヒールをやめると手に入る、5つの良いこと

学生の窓口編集部
2015/09/25
学生トレンド
あとで読む

オシャレは我慢!とはいうものの、ハイヒールをやめると手に入る、5つの良いこと

足をすらっと長く見せてくれるハイヒールは、女性のおしゃれには欠かせないアイテムとなっていますが、健康のためにはスニーカーに変えた方が良いかもしれません。今回は、ハイヒールをやめることで起こる、体に嬉しい変化を紹介します。


1.足が長くなる!
ハイヒールを履くと足が長く見えるかもしれませんが、実際には短くなっているんだとか。フィンランドのユヴァスキュラ大学らが行った研究によると、ハイヒールを履き続けることでふくらはぎの筋肉が短くなることが分かっています。これは、長期間つま先で歩くことによってふくらはぎの筋肉が収縮した状態のまま維持されることから起こるそうです。

2. アキレス腱が柔軟になる!
ハイヒールを履いているとふくらはぎが短くなるだけではありません。アキレス腱も短くなるのです。そのため、スニーカーに変えることでしばらくはかかと周辺に痛みを感じるかもしれませんが、それは縮んでしまったアキレス腱が伸びているからです。ハイヒールをやめて一か月もすると、アキレス腱はもとの長さに戻って痛みも消えるでしょう。

3. 腰痛が治る!
ハイヒールを履くと、お尻が突き出た姿勢になり骨盤が傾いてしまいます。この姿勢は背骨に負担が大きく、腰痛の大きな原因になっています。

4. 膝の軟骨軟化症が防げる!
膝の軟骨軟化症は別名ランナー膝と呼ばれ、長距離ランナーなどによく見られる膝の使いすぎからくる膝の痛みです。ハイヒールを履くと前屈みの姿勢になり重心が前に移動するため膝に余分な力がかかり、長期間履き続けると同じような症状が起ることが報告されています。

5.バランスが良くなる!
韓国で行われた仕事でハイヒールを履いているフライトアテンダントを対象にした研究によると、たった2~3年ハイヒールを履き続けるだけで、足首の周りの筋肉の付きかたが偏ってしまい、バランスが悪くなってしまうことが分かっています。

いかがでしたか? 足を長く見せるためにしていたことが逆に足を短くしていたなんて、なんだかショックですよね。健康を害してまでハイヒールを履く必要があるのか、一度考え直してみませんか?

参考:
5 Things That Happen to Your Body When You Stop Wearing Heels
http://www.womenshealthmag.com/health/stop-wearing-heels

関連記事

関連キーワード

編集部ピックアップ

「大学生活」のカテゴリを絞り込む

学生の窓口会員になるとこんなにお得!

  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    記事やイベント

  • 会員限定の
    セミナー開催

無料会員登録

あなたのきっかけを探そう

気になる #キーワード をタッチ

もっと見る

テーマから探そう

あなたへのきっかけが詰まった、6つのトビラ

会員登録でマイナビ学生の窓口をもっと楽しく!

閉じる
マイナビ学生の窓口に会員登録(無料)すると、
お気に入り機能などを利用してもっと便利にご活用いただけます!
  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催