【新宿グルメ】食べ応え◎のかき揚げとトロ~リ温泉卵のコラボ! 西口・思い出横丁の立ち食いそば『かめや 新宿店』

編集部:はまみ
2015/09/14
グルメ
あとで読む

                               元祖「天玉そば」400円

立ち食いそばの天ぷらといえば玉ねぎをメインにしたかき揚げが定番。そこに生卵を落とした「天玉そば」が、わずかの追加料金でグレードアップした感が味わえるささやかなぜいたくメニューだが、その食べ方についてはマニアのなかでも議論が分かれるところ。
つまり、卵の身を崩すことでつゆが濁ることを嫌うため、「白身だけそばと絡めて食べ、黄味はころ合いを見はからってスルッと飲み込む派」や「つゆに黄味が流れ出さないようにそばと絡めて食べることが立ち食いそば上級者」とのこだわりを持つ人までさまざま。もちろん、そばとつゆと卵を豪快に混ぜ込んで食べる猛者もいるので、好みは千差万別。そんな、「天玉そば論壇」にとりあえずの終止符を打つのが、ここ『かめや』の「天玉そば」400円だ。

●温泉卵をあしらった元祖天玉そば
「元祖天玉そば」をうたう同店の天玉そばは、温泉卵を使用するという意味での元祖。これなら、つゆも濁らずに半熟の黄身をそばに絡めながらスマートに食べることができる。かき揚げは玉ねぎ、にんじん、春菊入りで、揚げおきながら衣はふんわりと軽い食感で具材のシャキシャキ感も残っているので食べ飽きない。

●そばもかき揚げ・卵に負けない存在感を発揮
そばは生麺を茹でおきにしているが、客の回転が速く常に茹でているのでしなやかな食感のなかにしっかりとコシが残っており、立ち食い店としては上々のクオリティー。コクと香りが濃厚なつゆは、さば節をメインにかつお節と昆布でダシをとり、キリッと酸味のたったカエシで味を調えているので、分厚いかき揚げや温泉卵にも負けない存在感を発揮している。
赤提灯が並ぶ飲み屋街「思い出横丁」にあるだけあって、客層はビジネスマン中心だが最近では外国人観光客の姿も多いのが目をひく。焼鳥や煮込みといった居酒屋文化と並んで、日本ならではのファストフード・立ち食いそばもグローバルな関心を集めているようだ。

【店舗データ】
店名:かめや 新宿店
所在地:東京都新宿区西新宿1-2-10
営業時間:24時間営業(月3:00~6:00のみ閉店)
定休日:日曜
HP:なし
メニューはすべて税込価格

【その他メニュー名 価格】
・かけそば250円
・天ぷらそば350円
・天玉せいろ400円

関連記事

関連キーワード

おすすめの記事

合わせて読みたい

編集部ピックアップ

「大学生活」のカテゴリを絞り込む

学生の窓口会員になるとこんなにお得!

  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    記事やイベント

  • 会員限定の
    セミナー開催

無料会員登録

あなたのきっかけを探そう

気になる #キーワード をタッチ

もっと見る

テーマから探そう

あなたへのきっかけが詰まった、6つのトビラ

会員登録でマイナビ学生の窓口をもっと楽しく!

閉じる
マイナビ学生の窓口に会員登録(無料)すると、
お気に入り機能などを利用してもっと便利にご活用いただけます!
  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催