空白でないセルの個数は? COUNTA関数を使って数えてみよう

2020/01/14

社会人ライフ

Excel関数を利用すれば、エクセル内にあるデータの個数や、行や列ごとのセル数など楽にカウントすることができます。今回は「COUNTA関数」を使って数える方法をご紹介。
「COUNTA関数」は、なんらかのデータが入っているセル(空白でないセル)の個数をカウントすることができます。それでは、使い方をみていきましょう。

空白でないセルの個数は? COUNTA関数を使って数えてみよう

空白でないセル・行・列の件数を数える

データが入力されているセルの数をカウントするには、「COUNTA関数」を利用します。COUNTA関数は、範囲内の空白ではないセルの個数をカウントしてくれる関数です。COUNTA関数の使い方は、次の通りです。

(1)カウントした結果を表示したいセルを選択し、関数の挿入から「COUNTA」を選択します。

空白でないセル・行・列の件数を数える1

(2)値1を選択し、カウントしたいセルの範囲を選択します。

空白でないセル・行・列の件数を数える2

(3)指定のセルに、カウントした結果が表示されました。

空白でないセル・行・列の件数を数える3

COUNTA関数では、空白セルをカウントしないため、例のように「○」がついている部分のみをカウントするといった使い方も便利です。

空白でないセル・行・列の件数を数える4

また、行のカウントだけでなく、同じように列のカウントもできます。

空白でないセル・行・列の件数を数える5

記録するというよりも、単純にデータの個数を知りたいだけであれば、ドラッグして範囲を指定するだけで、ウィンドウ下部にデータ個数が表示されます。

空白でないセル・行・列の件数を数える6

間違えやすい「COUNT関数」と「COUNTA関数」

「COUNTA関数」と似た関数に「COUNT関数」があります。「COUNT関数」は、「数値を含むセルの個数」をカウントする関数です。一方今回ご紹介した「COUNTA関数」は、「空白以外すべてのセルの個数」をカウントする関数となります。

例えば、次のようなデータがあった場合には、COUNT関数では“数字だけ”のセルをカウントするため「3」となりますが、COUNTA関数では、“数字やアルファベットを含むすべてのセル(=空白でないセル)”をカウントするため「7」と表示されるのです。同じような名称でややこしいですが、カウントしたいデータの種類によって、使い分けるようにしましょう。

「COUNT関数」と「COUNTA関数」1

まとめ

データが入力されている行や列の個数をカウントするには、「COUNTA関数」を利用します。空白以外すべてのセルをカウントできるので、利用頻度も高い関数と言えます。似た関数の「COUNT関数」との違いを覚えて、必要な関数を適宜使い分け、さまざまな場面で活用してみてくださいね。

(学生の窓口編集部)

関連記事

新着記事

もっと見る

HOT TOPIC話題のコンテンツ[PR]

注目キーワード

注目:社会人ライフ全般

社会人ライフの人気記事ランキング

  • 新生活準備応援クーポン特集


    ピックアップ [PR]