スーツが長持ちするアイロンの掛け方とは? 知って得するお手入れ方法をチェック

2017/04/18

身だしなみ・ビジネスアイテム

スーツのジャケットのアイロンの掛け方をチェックしたら、次はパンツのアイロンの掛け方を知っておきましょう。スーツの下(パンツ)では下記のようにアイロンを掛けましょう。パンツの場合でも当て布を使います。

●腰・お尻の部分
ウエスト部分は細かいしわが寄るものです。アイロン台にスーツを少しはかせるようにして、少しずつ回しながら丁寧にアイロンを掛け、しわを伸ばしていきます。ベルトの部分もしわになっていたら、先端のこての部分を当てて伸ばします。お尻のポケット部分などもくたびれやすいですから、スチームを使いながらしっかり掛けてください。

●脚
脇の縫い目をそろえて置き、1本ずつアイロンを掛けます。中央から左右へとアイロンを掛けて、次に両端をしっかり押してきれいな折り目が付くようにします。ジャケットの袖口と同じように、パンツの裾(カフ)は内側から先端のこての部分を使って掛けます。

上手にアイロン掛けを行ったスーツは、ラインがシャープでシルエットもきれいです。スーツを長くきれいに着るためには、やはり定期的にアイロン掛けをするのがいいですね。今回の記事を参考に、いつもパリッとしたスーツ姿でいるようにしてください。

(高橋モータース@dcp)

関連記事

新着記事

もっと見る

HOT TOPIC話題のコンテンツ[PR]

注目キーワード

 ビジネス用語・カタカナ語80選

 キャリアロードマップの一歩目

  • ピックアップ [PR]

    イベント

    もっと見る