気付の意味と使い方 宛名の正しい書き方をマスターしよう

2017/03/15

対人マナー

■「気付」の使い方・書き方

「気付」は「個人の住宅に送る場合」には使いません。送り先が会社組織などの場合に使う言葉なのでまずその点を押さえておきましょう。そして、受け取る人がその会社組織などに属していない場合に「気付」を使うのです。

例えば、

1.小さな会社(A株式会社)が大きな会社(B株式会社)に間借りしており、
 その小さな会社の鈴木さんへ荷物を送る場合

2.自社の佐藤さんがB社に出張で出掛けており、
 B社の営業部を通じて佐藤さんに手紙を出す場合

といったケースでは「気付」を使うことになります。それぞれ、

1.B株式会社 気付 A株式会社 鈴木 様
2.B株式会社 営業部 気付 佐藤 様

といった宛先の書き方になります。1の例でA株式会社の誰でもよいので受け取ってほしいという場合には「御中」を用いて、

B株式会社 気付 A株式会社 御中

となります。

英語では「A社 c/o B社」ですが、日本語の場合には「B社 気付 A社」になります。英語で「気付」を使う場合には順番が逆になるので注意してください。

ビジネスシーンでもメールのやり取りが普通になっており、手紙や封書を送るために宛先を書くケースは少なくなっています。しかし、そのような場面になったときに相手に失礼のないよう、「気付」の使い方も含めて「宛先をどのように書くか」は常識として知っておいた方がいいでしょう。

(高橋モータース@dcp)

関連記事

新着記事

もっと見る

HOT TOPIC話題のコンテンツ[PR]

注目キーワード

対人マナーの人気記事ランキング

  • 新生活準備応援クーポン特集

     ビジネス用語・カタカナ語80選

     先輩社会人の働き方本音トーク

     キャリアロードマップの一歩目

    ピックアップ [PR]