2019年04月10日 更新

ドラム式洗濯機で一人暮らしの家事を楽に! 洗浄力にも時短にもメリットあり

洗濯機を選ぶ際にはドラム式と縦型式で悩む人も多いのでは?きちんとそれぞれのメリットを理解した上で、新生活の商品を選んでおきたいところですね。そこで、今回はドラム式洗濯機のメリットについてご紹介します。

gettyimages (8792)

ドラム式と縦型の洗濯機のどちらを選ぶのが正解なのかは、一人暮らしを始める多くの人が悩むポイントです。ほぼ毎日使うものですから、自分に合わないものを選んでしまうと、日々のちょっとしたストレスになってしまいます。もちろん安いからとか予算が合わないなどという意見もあると思いますが、あの時もう少し考えて選んでいればよかったと思うことがないように、今回は一人暮らしをする人向けにドラム式洗濯機の優れた点、選び方、注意点についてお伝えします。

ドラム式洗濯機が縦型に比べて優れている点

主にドラム式が優れている点は3つあります。1つ目は生地が傷みづらいところ、2つ目は水道代の節約となるところ、3つ目は乾燥機能がついているところです。より詳しく見てみましょう。

生地が傷みづらい

ドラム式の優れた点は洗ったときに生地が傷みづらいところです。
縦型は泥などのガンコ汚れに強いとされていますが、それは汚れを落とすときに激しくこすり合わせているからです。縦型はこのもみ洗いが特徴で、汚れはよく落ちる反面、生地が傷みやすい傾向にあります。
対してドラム式は、叩き洗いが特徴です。激しくこすり合わせない分、洗浄力は縦型に劣りますが、皮脂汚れや調味料などの軽い汚れは問題ありません。

水道代の節約につながる

ドラム式は水を使う量が少ないので節水効果があります。縦型は洗濯槽に水をたっぷりためて、洗濯物をぐるぐると回すので、その分水量が必要です。
しかし、ドラム式は洗濯槽の高低差を利用した叩き洗いなので、衣類全体を水につける必要がありません。そのため、あまり水を使う必要がなく、節水につながるのです。

乾燥機能

一番の利点は洗濯してから干す必要がないということです。乾燥機能が標準装備されているドラム式なら、外出前にスイッチを入れて出かけ、帰るころには洗濯物はカラッと乾いています。また、縦型洗濯機の乾燥機能を使うと、構造上洗濯物がしわになりやすいですが、ドラム式はその点でも優れています。
また、思ったより電気代もかかりづらく、一度の乾燥使用でおよそ30-100円程度です。乾燥のためにコインランドリーに行くことを考えても、家で乾燥できる方が便利でよいのではないでしょうか。

ドラム式洗濯機を購入する際に考えておきたい注意点

gettyimages (8795)

ドラム式洗濯機をいざ買うとき、注意しておきたいポイントが4つあります。

本体の大きさ

設置場所はもちろん玄関も通るか確認しましょう。サイズを測らずに購入してしまうと、大きすぎて置けず、返品交換などの手続きが必要になってしまうかもしれません。

洗濯機のドアの開き方

意外と盲点になるのが、ドアの開き方です。開くスペースや開いた先にスペースが必要になります。左右のどちらに開くのか、ドアが開く奥行きはあるのか確認しましょう。
機種によっては左開きと右開きを選ぶことの出来るモデルもあります。どうしても合わない場合、それができる機種を選ぶようにしましょう。

洗濯容量・乾燥容量

成人の一日分の洗濯物の重さは約1.5kg程度だといわれています。数日分をまとめて洗うことを考慮すると、7kgなど少し余裕を持った大きさの洗濯機を選ぶとよいでしょう。

ただし、乾燥機能を使うときの容量にも注意しておかねばなりません。乾燥容量は洗濯容量の半分以下である場合が多いです。一気に乾燥させる場合は大きいものを選ばないといけませんが、一人暮らしであることを考えるとあまり大きなドラム式洗濯機は入らないことが予想されます。
乾燥容量以上に洗濯物を詰め込んでしまうと、生乾きや洗濯物の傷みに繋がるので、大きいものなどは脱水→乾燥のタイミングで取り出して干すなどの工夫が必要です。

価格

価格を重視するなら新型より旧型がおすすめです。最新の機種と一つ前の機種で大きな違いが発生することは洗濯機では稀です。
よほど魅力的な機能が追加されたのでもない限り、旧型が安く出ているのであればそちらをおすすめします。洗濯機に何を求めるのかしっかり考えて選ぶことが、後悔のない買い物の秘訣です。

ドラム式洗濯機の便利機能

gettyimages (8794)

買った後であの機能のある洗濯機にすればよかったと後悔しないためにも、事前に知っておくことは大事なことです。とくに一人暮らしなら、大変な生活をサポートしてくれる、嬉しい機能のついた洗濯機を選びたいものです。では、どんな便利機能があるのか紹介しましょう。

温水洗浄機能

ドラム式洗濯機には、人肌程度に水温を上げて洗濯できるコースがついているものがあり、黄ばんで取れない皮脂汚れや食事のときに付いた取れないシミなどを落とすときに活躍してくれます。
脂汚れはほとんどの場合タンパク質が主な要因で、タンパク質由来の汚れに関しては40度ぐらいの温水でつけ置きして洗うと非常に綺麗になります。
洗濯に時間はかかりますが、長く大切に着たい服が汚れても安心です。

スマホ連携機能

数が少なく、最上位機種限定になりますがうっかり洗濯機を回すのを忘れたときや、外出から帰ってきたタイミングに合わせて洗濯・乾燥を終わらせ、すぐに洗濯物をたたみたい人におすすめです。スマホから遠隔で洗濯機の操作をして、洗濯の完了を帰宅時間に合わせることができます。

一人暮らしにおすすめドラム式洗濯機





まとめ

ドラム式洗濯機は縦型の洗濯機に比べて価格が倍以上しますし、設置する場所や搬入経路、ドアの開き等縦型の洗濯機に比べて非常に融通が利きません。しかしながら、縦型にはないふんわりと洗濯後の生地の仕上がりや乾燥の出来、節水の能力や大型容量等様々な魅力があります。
皆さんも購入時、是非ともドラム式の洗濯機を検討してみてくださいね。
監修:たろっさ
プロの家電販売員 兼 家電ライター
プロの家電販売員 兼 家電ライター。 札幌市在住。33歳。趣味はゲームと電器屋巡り。 20歳から家電量販店で働き、年間2億円、11年で25億円を売り上げた。 家電でわからないものはない家電スペシャリスト。

関連する記事 こんな記事も人気です♪

合わせて読みたい

一人暮らしに洗濯機はいらない? コインランドリーと洗濯機でコスパを比較してみた

一人暮らしに洗濯機はいらない? コインランドリーと洗濯機でコスパを比較してみた

これから一人暮らしを始める方のなかには「洗濯機は必要なのか?」と考える方もいるでしょう。洗濯機を購入した場合と購入しない場合を比較して、費用や手間の観点からそれぞれの違いをま...
とりぐら編集部・とり
2019.12.19
違いがいまいちわからない洗濯機。エディオンに賢い選び方を聞いてみた。

違いがいまいちわからない洗濯機。エディオンに賢い選び方を聞いてみた。

洗濯機の選び方のコツを「エディオンモザイクモール港北店」に伺いました。一人暮らしを始めるにあたって、必要な家電を揃えるのは大事な準備のひとつ。どれも同じような商品に見える洗濯...
とりぐら編集部・とり
2019.04.10
洗濯乾燥機は一人暮らしに必要? 購入するメリットと選び方

洗濯乾燥機は一人暮らしに必要? 購入するメリットと選び方

この記事では洗濯乾燥機のメリットや、一人暮らしに最適な性能や容量、選び方のポイントについて紹介していきます。最近は価格的にお求めやすい商品もたくさん出てきているので、一人暮ら...
とりぐら編集部・とり
2019.09.06
一人暮らしの新生活に必要なものリスト&予算相場! 家具家電の必需品をチェックしよう

一人暮らしの新生活に必要なものリスト&予算相場! 家具家電の必需品をチェックしよう

新生活で揃えたい家具家電製品ををまとめてご紹介! 引越し当日から必要になる必需品、暮らしに必要なもの、あると便利なものまで、予算を含めてリストアップをしました。まだ購入してい...
とりぐら編集部・ぐら
2019.12.19
【2020年版】一人暮らしの洗濯機選びはサイズと機能をチェック。おすすめのメーカー&コスパの良い人気商品をご紹介

【2020年版】一人暮らしの洗濯機選びはサイズと機能をチェック。おすすめのメーカー&コスパの良い人気商品をご紹介

初めての一人暮らし。今回は生活タイプを元に理想的な洗濯機選びについて考えてみましょう。おすすめのメーカーや低価格商品をご紹介。また洗濯機を買わないのはアリ?という疑問まで解決します
とりぐら編集部・とり
2019.12.18

この記事のキーワード

この記事のライター

とりぐら編集部・とり とりぐら編集部・とり