2020年12月20日 更新

間接照明で雰囲気UP! ナチュラルで落ち着くBohoスタイルの1K

一人暮らしの部屋の実例をご紹介。今回取り上げるのは、シンプルで落ち着くBohoスタイルを目指し、間接照明を素敵に取り入れているrt_roomさん。全体の色をホワイト、アイボリー、ベージュ系で統一しています。写真も参考に、お気に入りのアイテムやライフスタイルなどをチェックしていきましょう。

8.2畳の1Kで一人暮らしをしているrt_roomさん。テーマは“シンプルで落ち着く部屋”。あまりものは置かず、ホワイトやアイボリーなど、安心感を与えてくれる好きな色合いで揃えることで、統一感を出しています。
家具や雑貨はできるだけリーズナブルなものをセレクトするのもマイルールのひとつ。その分、間接照明を置いたり、色合いを整えたりして、雰囲気に焦点を当てた部屋づくりをしているそう。
rt_roomさん 1K8.2畳

https://www.instagram.com/rt_room/
rt_roomさん

高価な家具を買うのではなく、間接照明をたくさん置いたり、色合いや雰囲気重視にしています。ベッドのクッションを多めに置いたり、ベッドにブランケットをかけるなどして、アクセントを入れるようにしていますね。理想とするのは、Bohoスタイルや北欧インテリア系。外国人のお部屋を参考にしてます。

ものを必要以上に持たない工夫

30代で初めての一人暮らしをスタートしたrt_roomさん。これから先、どのくらい一人暮らしをできるかわからないため、できるだけ身軽でいたいという想いがあるそう。そのため、家具にあまりお金をかけないけれど落ち着ける部屋になるように心がけているのだとか。その抑えどころのポイントをチェックしてみましょう。

家具レンタルで叶う身軽なライフスタイル

購入をせずレンタルしたアイテムは、洗濯機、冷蔵庫、電子レンジの3点。rt_roomさんが利用している会社の場合、3点セット2年契約が79,800円だったそう。送料無料で設置と取り付けもしてくれたそうなので、とってもラクですね。
逆に、マットレスはあまり安いものは身体に悪いと考えて安いレンタルのものは選ばなかったそう。

これからライフスタイルや家族構成が変わる予定や、引っ越しをする可能性が高い人は、レンタルという手を考えてみるのもいい方法ですね。

一石二鳥の代用家具でスペースを確保

ベッドサイドテーブルには引き出し付きのチェストをセレクト。その理由は、中にメイク用品を収納するため。実はこのチェスト、ドレッサーとしても利用しているそう。メイクのときは、鏡を置けばOK。ドレッサーはあると便利ですが、その分部屋のスペースを狭くしてしまいます。こうして、チェストにもドレッサーにも代用することを考えて、最初に家具選びをするのは賢いですね。

ひと工夫ある間接照明の使い方

間接照明の落ち着く雰囲気が大好きだというrt_roomさん。1Kの部屋の中でも、いろいろな場所で間接照明を使って、ふんわりと優しいライティングを楽しんでいます。ちょっとひと技ある使い方もご紹介します。

カーテンライトで小物を照らしてみよう

カーテンライトはネーミングの通りカーテンにかけたり、壁に飾ったりして使うのが一般的ですが、rt_roomさんはちょっと違います。チェストの上の小物を照らすように置く使い方に。ガラスの小物や瓶がキラキラと輝き出し、まるでショップのショーケースの中のように素敵に見えますね。
とてもおしゃれな演出なうえに、カーテンライトをカーテンに付けたり、壁に固定する必要がないので、簡単に真似できますよ。

テレビの左右をテーブルライトで照らし出す

テレビの両脇に「ニトリ」で購入したテーブルライトを置き、間接照明として利用。テレビの背後からぼんやりと灯りが広がると、部屋に奥行が感じられますね。照明の灯し方ひとつで、部屋の雰囲気がガラリと変わります。テーブルライト2個で、一気にリビングがモダンな雰囲気になりました。

心がほっこり! 大好きなアイテムたち

シンプルさ重視で家具はあまり持たないと決めてはいても、素敵で心地のよい雰囲気をつくるには、好きなもの置くことは欠かせません。rt_roomさんらしい部屋づくりを形作るアイテムとは?

アイボリー系のクッションをたくさん

クッションにもたれてテレビを観る時間が至福のリラックスタイムだというrt_roomさんは、アイボリーやベージュなど同系色で揃えたたくさんのクッションを持っています。ベッドの上に何個も重ねてボリューミーに並べると、まるでホテルのベッドメイキングのようで素敵ですね。
「Zara Home(ザラホーム)」「ニトリ」「salut!(サリュ)」などで、低コストのものやセール品をチェックしているそう。

さり気なくておしゃれなオブジェを飾ろう

雑貨店「ナチュラルキッチン」で300円で購入した“Welcome”のオブジェもお気に入り。ゴールドでゆるい字体で描かれたこちらは、見ると思わず笑顔になってしまいそう。ベージュ、アイボリー系でまとめられているrt_roomさんの部屋によく似合っています。
シンプルな部屋でも、こういう好みのオブジェをさり気なく飾ることで、部屋がグンと自分らしくなりますね。

ラタンミラーでBohoスタイルに一歩近づく

今人気が急上昇しているラタンミラーは、ボヘミアンとモダンが掛け合わさった“Bohoスタイル”の雰囲気を高めてくれるアイテム。天然素材のほっこり感とトレンド感もあり、シンプルな白い壁が一気におしゃれなイメージになりました。

まとめ

ベージュやアイボリーのカラーリングで統一しているrt_roomさんの部屋は、温かみがある印象でしたね。シンプルな家具を揃えつつも、目指しているBohoスタイルや北欧系のインテリアを上手に表現していました。rt_roomさんの部屋作りの特徴は、インテリアアイテムにかけるお金をセーブしつつ、好みの雰囲気を叶えていること。
この先の人生プランをきちんと考慮して、家電をレンタルしたり、セールで安くファブリックを購入したりする工夫をしていました。
それでいて、自分らしい雰囲気の部屋づくりを実践しているところが素晴らしいですね。間接照明や小物などを上手に扱えば、お金をかけずにおしゃれな演出は可能。rt_roomさんのアイデアを参考に、買うだけではないインテリアの楽しみ方を考えてみてはいかがでしょうか。
※写真は全てrt_roomさんより提供

関連する記事 こんな記事も人気です♪

合わせて読みたい

都会的なBohoスタイルに心ときめく! リラックス感溢れるワンルーム

都会的なBohoスタイルに心ときめく! リラックス感溢れるワンルーム

一人暮らしの部屋の実例をご紹介。今回取り上げるのは、12畳のワンルームに暮らすmaro.anna44さん。都会感と伝統的なスタイルが融合したBohoスタイルのインテリアは、モ...
とりぐら編集部
2020.07.10
清潔感も忘れずに。男女ともに真似したい服好き男子の1K+アンダーロフトインテリア

清潔感も忘れずに。男女ともに真似したい服好き男子の1K+アンダーロフトインテリア

一人暮らしの部屋の実例をご紹介。今回取り上げるのは、アンダーロフト付き1Kに暮らすfcbsnさん。”オフホワイトインテリア”をテーマに、清潔感のあるメンズライクな部屋をつくり...
とりぐら編集部
2021.02.12
コンテンツクリエイターが暮らす、スタイルのある8畳ワンルーム

コンテンツクリエイターが暮らす、スタイルのある8畳ワンルーム

素敵な部屋の実例をご紹介。今回取り上げるのは、フリーのコンテンツクリエイターhoneylisabeeさんの8畳ワンルーム。ベージュやブラウン系がベースのナチュラルな部屋は、家...
とりぐら編集部
2021.01.04
個性的でスタイリッシュ! アーティスティックな8畳1K

個性的でスタイリッシュ! アーティスティックな8畳1K

一人暮らしの部屋の実例をご紹介。今回取り上げるのは、シンプルモダンがテーマのsui_salixさんの1Kのお部屋。密度感と色味のバランスに配慮したという部屋は、アートを感じさ...
とりぐら編集部
2020.12.29
ベージュに包まれたナチュラルインテリア! ロフト付きの6畳1K

ベージュに包まれたナチュラルインテリア! ロフト付きの6畳1K

一人暮らしの部屋の実例をご紹介。今回取り上げるのは、ロフト付きの1Kのお部屋をベージュ、白、グレーのカラーで統一しているmg__miiiさん。ナチュラルがテーマの部屋は、優し...
とりぐら編集部
2020.12.26

この記事のキーワード

この記事のライター

とりぐら編集部 とりぐら編集部

注目の特集

ひとりぐらしのはじめかた
お部屋をのぞきみ
ひとりぐらしレシピ