2021年05月20日 更新

ベッド周りをおしゃれにして、一人暮らしのお部屋の雰囲気をアップ!

大きい面積を占めるベッド周りは、一人暮らしのお部屋の印象を大きく左右するエリア。ベッド自体の装飾から、ベッド周りを含めた空間づくりまで……毎日長い時間を過ごすベッド周りだからこそ、おしゃれかつ居心地のいい空間にしましょう。

一人暮らしのコンパクトなお部屋では、ベッドは大きく目立つエリア。その部分をおしゃれに演出すれば、お部屋の印象も一気に雰囲気のある空間になります! 毎日長い時間を過ごすベッド周りだからこそ、おしゃれで居心地のいい空間にしましょう。

ベッドもインテリアの一部! おしゃれなスペースに演出

1)ベッドカバーやシーツなどの大きい面積が印象をきめる

  • 柄物だとお部屋のアクセントに!

お部屋のなかでも場所を取るベッドカバーに柄物を採用すると一気にお部屋の雰囲気を変更できます。
おしゃれだけど落ち着いた印象にしたい場合は、モノトーンやコントラストの低いカラーを選ぶのがGOOD!
部屋に華やかさが欲しい場合は、鮮やかなカバーがおすすめ。差し色としていれるだけでグッと雰囲気が変わります。
なりたいお部屋の雰囲気にあった柄物にするだけで手軽にお部屋のテイストを調整できます。
  • 白や淡い色合いは、圧迫感を軽減してお部屋を広く見せる

膨張色である「白」や「明度の高い淡い色」をベッドにあしらえば、お部屋を明るく見せてくれます。
またシンプルな印象のお部屋にしてくれるので、お部屋が自然と広く見えるので、狭い一人暮らしの部屋にぴったり! ごちゃごちゃした印象が苦手な人やものが少ない印象にしたい人におすすめです。
白色の家具で統一するのも、空間を広く見せるポイントです◎

2)フットカバー風のブランケットがアクセントに

ベッドの足元部分にストールをかければベッドスローのようにな見た目に! まるで海外インテリアのような印象になります。シンプルなベッドを手軽に華やかな印象にしてくれるので、みなさんもぜひ真似してみてください。

3)クッションを重ねてリッチな印象のベッドに

  • 同じトーンのクッションを置けば、シンプルかつおしゃれに!

枕やクッションを複数個置けば、まるでホテルのようなリッチな印象のベッドになります! 同じトーンのカバーだからこそ、たくさんあってもごちゃごちゃせずおしゃれに。
また、同じトーンだけど若干異なる色合いのものを組み合わせたり、同じ色だけど異素材のもの・模様違いのものを組み合わせたりすることで、のっぺりした印象になってしまうのを防げます。
  • アクセントカラーや色を取り入れて遊び心のある印象に

柄物の枕・クッションを重ねれば一癖ある印象的なベッドにすることができます!
同じ柄を合わせれば統一感を出すことができますし、違う柄のものを合わせればこなれた印象に。
季節に合わせて柄を変えるのもおすすめです。

壁も大切な場所! ベッド周りも含めて雰囲気ある空間に

  • ポスターで手軽に雰囲気をつくる

どうしても生活感が出てしまうベッドは周囲を飾ることで生活感を軽減できます。毎日長い時間を過ごすベッド周りだからこそ、 自分にとって居心地のいい空間にしましょう!
リビングなどと同じように、なりたい雰囲気に合わせてポスターやドライフラワー、ウォールアートなどを飾ってみましょう。いきなり全部集めなくても、少しずつコレクションしていくかのように集めるのも楽しいですよ♪
  • サイドテーブルを置けば雑貨も飾れる

ベッド周りはどうしてもシンプルな印象になりがち……。そんなベッド周りもサイドテーブルや、スツールを置くことで素敵な雑貨置き場に。ルームライトやキャンドルなど寝る前のリラックスタイムに使いたいアイテムたちを手元に置いておきましょう。
少し引いた目線で周りの空間を含めてインテリアを考えるのが、バランスよく飾るポイントです。

ルームライトでムーディーな空間に

  • 「スタンドタイプ」は広範囲に照らしつつ、落ち着いた雰囲気に

オレンジの光のルームライトは、就寝前のリラックスタイムにベスト! 広範囲を照らしてくれるスタンドタイプは、ベッド全体をあたたかみのある光で包んでくれるので、寝る前にベッドで本を読んだり、ちょっとしたことをしたりしたい人におすすめ。また、デザイン性の高いルームライトは、点灯していないときもインテリアとしてお部屋をスタイリッシュに引き締めてくれます。
  • 「壁面タイプ」「卓上タイプ」は場所を取らず温かみのある空間に

スタンドライトを置くスペースがない……そんな人におすすめなのが壁に取り付ける「壁面タイプ」や、コンパクトな「卓上タイプ」のライト。手元を照らしてくれるので、ベッド周りだけ照らすにはうってつけのタイプです。
光り方が柔らかくて気持ちもリラックスできそう◎

まとめ

お部屋の大部分を占めるベッドをおしゃれにすればお部屋全体の印象もアップ!
ベッド自体の装飾から、周りのを含めた空間づくりまで……手を入れられる場面は意外とたくさんあります。毎日長い時間を過ごすベッド周りだからこそ、おしゃれかつ居心地のいい空間にしましょう。

関連する記事 こんな記事も人気です♪

合わせて読みたい

6.8畳1K。デッドスペースを有効活用するベッド周りの整え方

6.8畳1K。デッドスペースを有効活用するベッド周りの整え方

素敵な部屋の実例をご紹介。今回取り上げるのは、1Kに暮らすpin_room_さん。塩系インテリアや北欧モダンをテーマにリラックス感のある部屋で暮らしています。今回は素敵にまと...
とりぐら編集部
2021.09.06
男性がつくる女っぷりインテリア! おしゃれ度の高い2LDK

男性がつくる女っぷりインテリア! おしゃれ度の高い2LDK

一人暮らしの部屋の実例をご紹介。今回取り上げるのは、2LDKに暮らすslow_life.k_roomさん。テーマは「男性が描き創り出す女っぷりインテリア」。ナチュラル系やブラ...
とりぐら編集部
2021.06.01
模様替えに役立つ、季節感を演出してくれる秋素材のアイテム集

模様替えに役立つ、季節感を演出してくれる秋素材のアイテム集

洋服だけでなく部屋のインテリアも秋仕様にしませんか? 秋の模様替えに役立つ、ファーやレザーなどの素材を使ったおすすめのインテリアアイテムをご紹介します。
とりぐら編集部・とり
2020.11.25
北欧好き必見! ふんわりハッピーがつまった「カウニステ」のファブリックで、部屋をアレンジしよう!

北欧好き必見! ふんわりハッピーがつまった「カウニステ」のファブリックで、部屋をアレンジしよう!

自分だけの空間をぐんと素敵にしてくれるフィンランド流ファブリックの楽しみ方を、テキスタイルブランド「カウニステ」が伝授! ミシンがなくても、手縫いしなくてもすぐできるファブリ...
とりぐら編集部
2020.04.01
ホワイトインテリアの魅力と作り方を知って、憧れの部屋を手に入れよう!

ホワイトインテリアの魅力と作り方を知って、憧れの部屋を手に入れよう!

今、人気の高いホワイトインテリア。憧れの一人暮らしを始めてチャレンジしてみたいけれど「何から始めたらいいの?」と悩んでいる方も多いかもしれません。そこで、ホワイトインテリアに...
sakko
2020.03.28

この記事のキーワード

この記事のライター

sarami sarami

注目の特集

ひとりぐらしのはじめかた
お部屋をのぞきみ
ひとりぐらしレシピ