適性検査練習問題&解答【非言語8】推論 練習問題2.【応用編】

適性検査練習問題&解答【非言語8】推論 練習問題2.【応用編】

2017/12/07

Webテスト・筆記試験

■問題
赤、青、緑のボールが全部で15個ある。それぞれの個数について次のことがわかっている。

i)それぞれの色のボールは少なくとも2個はある
ii)赤のボールは青のボールよりも多い
iii)緑のボールが一番少ない

次のア、イ、ウの推論のうち、必ず正しいものはどれか。

ア 青のボールが4個であれば、赤のボールは8個である
イ 赤のボールが7個であれば、緑のボールは2個である
ウ 緑のボールが4個であれば、青のボールは5個である

A アだけ
B イだけ
C ウだけ
D アとイの両方
E アとウの両方
F イとウの両方
G アとイとウのすべて
H 必ず正しい推論はない

■解答・解説
答え:C

個数の内訳を推論する問題は、想定できる個数のパターンを全て書き出す。

「赤、青、緑」=「10、3、2」「9、4、2」「8、5、2」「8、4、3」 「7、6、2」「7、5、3」「6、5、4」

ア 青のボールが4個であれば、赤のボールは8個である
書き出したパターンのうち、「青のボールが4個」という条件を満たすのは 「赤、青、緑」=「9、4、2」「8、4、3」の2通り。
よって、ア「青のボールが4個であれば、赤のボールは8個である」は必ず正しいとは限らない。

イ 赤のボールが7個であれば、緑のボールは2個である
書き出したパターンのうち、「赤のボールが7個」という条件を満たすのは 「赤、青、緑」=「7、6、2」「7、5、3」
よって、イ「赤のボールが7個であれば、緑のボールは2個である」は必ず正しいとは限らない。

ウ 緑のボールが4個であれば、青のボールは5個である
書き出したパターンのうち、「緑のボールが4個」という条件を満たすのは 「赤、青、緑」=「6、5、4」のみ。
よって、ウ「緑のボールが4個であれば、青のボールは5個である」は常に正しい。

よって、「C ウだけ」となる。


推論 練習問題一覧へ戻る

適性検査練習問題一覧へ戻る

おすすめ記事

Intern sp bnr d2 03

人気記事ランキング

新着記事

ページトップへ