面接での入室、ノックは何回? 入室時のノックの回数や入室、着席までのマナーを解説

面接での入室、ノックは何回? 入室時のノックの回数や入室、着席までのマナーを解説

2021/03/12

就活マナー

関連キーワード:

面接で入室する時、必ずするのがノック。2回? 3回? ノックの正しい回数や強弱などノックのマナーの心得は大丈夫でしょうか。面接時の入室は非常に緊張するものです。本番で慌てないようにしっかりマナーを身につけましょう。ここでは、ノックのマナー、そして入室してから着席するまでの流れをおさえ、気をつけたいポイントを解説します。

▼就活のスタートにはこれ! 自己PR作成や面接対策用テンプレートをゲットしよう


▼こちらもチェック!
これさえ押さえれば安心! 就活メールの超基本マナーまとめ

ノックの回数は世界標準公式マナーで決まっている

ノックには正しい回数があることを知っていましたか? 世界標準公式マナーでは、状況に応じた正しいノックの回数が次のように決められています。

・2回 トイレでの確認。
・3回 家族、友人、恋人などの親しい相手。
・4回以上 初めて訪れた場所や礼儀が必要な相手。

上記の国際儀礼によれば、面接時の入室の場合は、4回ということになります。実際、欧米の外資系企業では、4回が主流となっているようです。

日本では3回が一般的。2回はアウト

ノックの回数3回は、先述の国際儀礼では、家族、友人、恋人などの親しい人への入室確認でのマナーとされていますが、日本(企業)では、ビジネスや面接の場面においても3回が正しいマナーとして浸透しています。

実際に、3回ノックをしたことを直接人事担当者から褒められたという事例もあるので、面接官は3回を判断基準にしていることが多いようです。

面接での入室時のノックで、2回はお勧めできません。2回のノックは減点対象にしている面接官も少なくないからです。入室前のノックだけでマイナスになってしまうのはあまりにももったいないことです。

面接での入室時、お勧めできるノック回数は、3回。国際儀礼に則って、4回でも問題ありません。続けて4回トントントントンとするのではなく、2回と2回に分けてすると、耳ざわりがよく、日本人らしい印象を与えるとされています。

ノックから入室、着席までのマナー

入室時は第一印象を決める大切なポイント。緊張する瞬間ですが、思い切って堂々とした立居振る舞いを意識してください。それでは、入室から着席までの流れを確認しましょう。

1.ドアを軽く3回ノックして(外資系企業など場合によって4回)、中の反応を待ちます。
「どうぞ」という声が聞こえたら、「失礼いたします」と言って、入室します。少し間が空いても返事がない場合は、こちらから「失礼いたします」と言って、入室しましょう。ノックの音が大きいと攻撃的な印象を与えかねないので、気をつけましょう。

2.入室したら、扉のほうを振り返ってドアを静かに閉めましょう。前を向いたままドアを閉めることのないように注意してください。

3.ドアを閉めたら、面接官の方を向き直して、「失礼します」と一礼します。

4.イスの横に立ったら、「○○大学の△△です。本日はよろしくお願いいたします」と言って一礼します。

5.面接官から「おかけください」と言われたら、「失礼します」と言って着席します。

まとめ

面接で入室する場合の一般的なノックの回数は3回です。世界標準公式マナーに則れば、4回以上でも問題ありませんので、日本企業と外資系企業と使い分けてもいいかもしれません。2回はNGなので、注意してください。入室から着席までのマナーもしっかりおさえて、第一印象を損なわないようにしましょう。

おすすめ記事

Intern sp bnr d2 03

人気記事ランキング

新着記事

イベント

もっと見る

ページトップへ