離島の医療から災害救助活動も自宅でできる? ~5Gで変わる未来のカタチ:遠隔ロボット編~

編集部:ぱいん
2020/10/13
学生トレンド
あとで読む

5Gの利用によって実現可能になりつつある技術のひとつが、人の動きをトレースしたロボットの遠隔操縦です。ゲームや有線接続でのロボット操縦は今までもありましたが、5Gによって遠く離れた場所でも目の前で動かしているような体験が可能になるそうです。
危険場所での作業や、人の手で行うきめ細かな作業もこれからは、遠隔操縦でできる時代に? 具体的にどのような動きが進んでいるのか、MdNコーポレーションから出版された『これからの5Gビジネス』石川温/著の1セクションからの転載でご紹介します。

離島の医療から災害救助活動も自宅でできる? ~5Gで変わる未来のカタチ:遠隔ロボット編~

超低遅延を生かしてロボットを自在に操作

5Gの特長の1つである「超低遅延」を生かすソリューションとして期待されているのが遠隔制御ロボットです。NTTドコモとトヨタ自動車は、5Gを用いたロボットの遠隔制御に成功しています。

トヨタはヒューマノイドロボット「T-HR3」を開発。T-HR3はTORQUE(力)を制御するトルクサーボモジュールと、前進を自在に操るマスター制御システムを搭載。操縦者は、T-HR3にかかる外からの力を感じながら、T-HR3に操縦者と同じ動きをさせることができます。

ロボットの間隔を遠隔で疑似体験

実際にT-HR3にしなやかな動きをさせるには、T-HR3と操縦システムの間で制御信号をやり取りする際、できるだけ通信遅延がない状態が望ましいとされています。
そこで、従来は比較的通信遅延が少ない優先での接続で実験をしていましたが、NTTドコモと協業することで超低遅延が特徴の5Gを利用。その結果、「ボールを両手で挟んで持つ」「ブロックをつまむ、持ち上げる」「人と握手する」などの力の伝達が必要な動作が5G無線通信経由でできました。

操縦者にはVRゴーグルを装着、ロボットにはカメラを内蔵することで、遠隔地の様子を臨場感がある状態で疑似体験することも可能です。

将来的には、高齢者や介護者の生活をサポートしたり、医療現場で、あるいは災害時に人がいけない場所の救助活動に役立てたりできる可能性を秘めています。

まとめ

5Gの大きな3つの特長のうちのひとつが「超低遅延」。通信によるラグがかなり改善され、ロボットを使っても現場に自分がいるのと変わらないような挙動が、できるようになると考えられています。

医療分野への応用だけでなく、オンライン授業でリアルな体験を伴う実習もできるようになるかもしれません。

この記事を読んだあなたも是非、これからの未来のカタチを考えてみてくださいね。

出典:『これからの5Gビジネス』石川温/著、MdNコーポレーション

5G特集

編集部:ぱいん

書くことよりも調べることが好きな知的好奇心高め男子。編集部内でNHK担当と呼ばれています。休日はアウトドアか引きこもりのどっちか。

関連記事

関連キーワード

おすすめの記事

編集部ピックアップ

「大学生活」のカテゴリを絞り込む

学生の窓口会員になるとこんなにお得!

  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    記事やイベント

  • 会員限定の
    セミナー開催

無料会員登録

あなたのきっかけを探そう

気になる #キーワード をタッチ

もっと見る

テーマから探そう

あなたへのきっかけが詰まった、6つのトビラ

会員登録でマイナビ学生の窓口をもっと楽しく!

閉じる
マイナビ学生の窓口に会員登録(無料)すると、
お気に入り機能などを利用してもっと便利にご活用いただけます!
  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催