マーベルに負けない! ここにきて傑作が続くDCのおすすめ映画5選

編集部:ゆう

お気に入り!

あとで読む

『アイアンマン』や『スパイダーマン』、またマーベルのヒーローが一堂に会する『アベンジャーズ』シリーズなど、ここ最近のマーベル作品の勢いはすさまじいものがあります。そのため、「マーベル」とアメコミ人気を二分する「DC」の映画作品はじゃっかん押され気味……しかし、最近では『ワンダーウーマン』や『アクアマン』が大ヒットするなど、「DC」の映画作品も勢いを取り戻しつつあります! そこで、今回は「DCのおすすめ映画」をご紹介します。

スーパーヒーロー

『バットマン ビギンズ』(2005年)

強盗によって両親を殺害され、執事のアルフレッドに育てられたブルース・ウェイン。大人になり成長した彼は、町が汚職と腐敗に満ちていることを知り、悪と戦う力を得るために世界中を放浪する旅に出ます……。

幼い頃に悲劇に見舞われたブルース少年が、いかにしてバットマンになったのかを描いた作品。『バットマン』本来のダークさを重視して新たに作り直す「ダークナイト・トリロジー」の第1作目で、クリストファー・ノーランが監督・脚本を務め、ブルース・ウェイン役にはクリスチャン・ベールが起用されました。

これまでの『バットマン』シリーズと打って変わり、ダークでシリアスな雰囲気のストーリーが特徴の本作。クリストファー・ノーランが監督による、CGを極力抑えた映像は、これまでとは違う、本物のリアルさを追求した内容になっています。

新たなバットマンの誕生秘話を描いた『バットマンビギンズ』は高く評価され、本作は大ヒットしました。また続編の『ダークナイト』では、宿敵ジョーカーをヒース・レジャーが熱演。映画史に残る傑作として知られています。

『マン・オブ・スティール』(2013年)

カンザスの田舎町で農場を営むジョナサンとマーサの夫妻は、ある日奇妙なポッドに乗った赤ん坊を発見。二人はその子をクラーク・ケントと名付け、大切に育てていきます。青年になったクラークは、ある日ジョナサンから自分の出生の秘密を探るのが使命だと告げられ、自分が何者かを探すために世界を放浪します……というストーリー。

DCを代表するヒーロー『スーパーマン』のリブートで、本作はスーパーマンの出生からスーパーヒーローになるまでの過程を描いています。バットマン新3部作となる『ダークナイト トリロジー』を監督したクリストファー・ノーランが製作と原案を担当しており、『ダークナイト トリロジー』同様、アクションよりも人間性にフォーカスした重厚なストーリーが展開されています。

スーパーヒーローならではの、豪快でスカッとするアクションを期待すると肩すかしを食うかもしれませんが、「スーパーマンとは、どんなヒーローなのか?」を深く掘り下げた、見ごたえたっぷりの作品です。また、DCヒーローたちを同一の世界観で描くことを目的とした『DCエクステンデッド・ユニバース』シリーズの記念すべき1作目にもなっているので、本作以降の「DC映画」を見る上でも欠かせない作品でもあります。

『ワンダーウーマン』(2017年)

女性だけが住む島、セミッシラで育ったアマゾン族の王女ダイアナ。彼女は「外の世界」から迷い込んだアメリカ陸軍の兵士から外の世界で戦争が起こっていることを聞きます。その悲惨さを知ったダイアナは、戦争を止めるために外の世界に出ることに……。

DCヒーローの中でも高い人気を誇るヒロイン『ワンダーウーマン』が主人公の作品。2016年公開のDCエクステンデッド・ユニバースシリーズ2作目『バットマンVSスーパーマン ジャスティスの誕生』で初めて登場しましたが、本作は『ジャスティスの誕生』より100年前の物語です。

ガル・ガドット演じるワンダーウーマンがとにかく美しくて強い、これに尽きます。スレンダーな美女が銃弾をはじき返し、超人的な力でなぎ倒していくさまが爽快で、シンプルに楽しめます。特にお祭り騒ぎのような終盤の戦いは必見です。

『スーサイド・スクワッド』(2016年)

スーパーヒーローによって捕らえられた凶悪犯たちは、ある日政府の高官から減刑と引き換えに危険な仕事をこなすよう取引を持ちかけられます。かつてバットマンと戦ったハーレイ・クインなど、数人がトレードに応じ「スーサイド・スクワッド」を結成する……というストーリー。

ヒーローたちと戦ってきた「敵役」が主人公の作品で、チームで協力しながら生きるか死ぬかの無謀なミッションに挑みます。人気の高いハーレイ・クインやジョーカーなど、個性的なヴィラン(悪役)が数多く登場し、それぞれの個性を生かして活躍します。

凝ったストーリーの作品ではありませんが、とにかく悪役たちが大騒ぎするお祭り映画。特にハーレイ・クインのキャラクターは魅力的で、映画を見終える頃には彼女のファンになること間違いなしです!

『アクアマン』(2018年)※日本公開は2019年

海底にあるアトランティス帝国の元女王・アトランナと、人間のトムとの間に生まれたアーサー。幼い頃にアトランナがアトランティス帝国に連れ戻されてしまったため、アーサーは男手一つで育てられ、たくましく成長します。そんなある日、アトランティス帝国が世界征服をたくらんでいることをアーサーは知り……。

アーサーがアクアマンとして活躍する姿を描いた作品で、世界興業収入が10億ドルを突破するなどDC映画史上最高の興行成績を記録しました。ヒットの理由は「とにかく楽しい映画」であること。また、本作はとにかく爆発が起こるのが特徴で、押し寄せる見せ場としつこいくらいの爆発は、まるでジェットコースターに乗っているかのよう。クライマックスが次々と押し寄せますよ!

まとめ

「DCのおすすめ映画」をご紹介しました。4月19日には『DCエクステンデッド・ユニバース』最新作の『シャザム!』が公開されます。子供がシャザムの力を得てスーパーヒーローになる物語で、コメディー要素がふんだんに盛り込まれたエンターテインメント性あふれる作品です。「マーベル派!」という人も、この機会にぜひDC映画を楽しんでみてはいかがですか?

(中田ボンベ@dcp)

編集部:ゆう

編集部:ゆう

家族との時間が一番大切!!お酒と音楽とオーディオと旅行が大好きな、気分はお兄さんです。

関連記事

「大学生活」カテゴリの別のテーマの記事を見る

おすすめの記事

編集部ピックアップ

学生の窓口会員になってきっかけを探そう!

  • 会員限定の
    コンテンツやイベント

  • 会員限定の
    セミナー開催

  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

一歩を踏み出せば世界が変わる無料会員登録

この記事に関連するタグ

あなたのきっかけを探そう

気になる #キーワード をタッチ

テーマから探そう

あなたへのきっかけが詰まった、6つのトビラ

会員登録でマイナビ学生の窓口をもっと楽しく!

閉じる
マイナビ学生の窓口に会員登録(無料)すると、
お気に入り機能などを利用してもっと便利にご活用いただけます!
  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催