いったい何を学ぶの? 2016年度から始まった日大の「危機管理学部」とは

編集部:はまみ
2016/10/31
学生トレンド
あとで読む

みなさんは、日本大学の「危機管理学部」という学部を知っていますか? あまり聞き慣れない名前の学部ですが、実は2016年4月からスタートしたばかりのできたてほやほやの学部。名前を聞く限りでは「危機管理を学ぶ学部」だと察することができますが、具体的にはどういったことを学ぶ学部なのでしょうか? 今回は、日本大学危機管理学部次長・福田充教授に、危機管理学部で学ぶ内容や、創設されたきっかけなどのお話を伺いました。

■「オールハザード・アプローチ」の視点でさまざまな危機管理を学ぶ

――この危機管理学部はどんな学部なのでしょうか?

福田教授 危機管理学部は、法学・政治学・社会学を中心とした文系でのアプローチで、社会で発生するあらゆる危機に対応できる「オールハザード・アプローチ」のスペシャリストを育成する学部です。

・自然災害や原発事故などの対策を学ぶ「災害マネジメント領域」
・犯罪や治安、またテロなどの対策を学ぶ「パブリックセキュリティ領域」
・戦争、紛争、難民といったグローバルな問題に取り組む「グローバルセキュリティ領域」
・情報流出やサイバー攻撃など情報管理や対策を学ぶ「情報セキュリティ領域」

この「4つの柱」で構成されており、他にも新型インフルなどのパンデミックなど、世の中で起こるさまざまな危機に対する「総合的な危機管理」を学ぶことができます。本学の他にも理系の危機管理学部は他大学にすでにありましたが、文系では日本で初めてになります。

――何か一つの分野に特化させているのではなく、複数の危機に対応できる人材を育成する理由は何なのでしょうか?

福田教授 企業に勤めていたとしても、自治体や政府にいたとしても、地震が起これば地震に対応しないといけませんし、テロ事件が発生したら対応しなければいけません。つまり危機管理を行う人間は、「危機を選ぶこと」はできないのです。なので、あらゆる危機に対応できる「スペシャリスト」を育てることが求められてきています。

――社会的にも、幅広くカバーできる危機管理の人材が必要とされているのですね。

福田教授 社会科学的な面では、あらゆる危機に対応できるオールハザードが求められてはいるものの、「学問」としては明確に整備されていないのが現状です。そこで日本大学で危機管理学部を設立し、体系化しました。

■日本大学の「起源」を受け継いでいる危機管理学部

――設立のきっかけは何だったのですか?

福田教授 きっかけといいますか、実は日本大学と危機管理学は深い関わりがあります。本学の前身である日本法律学校の学祖・山田顕義は、幕末の長州藩、吉田松陰の松下村塾での門下生として有名ですが、吉田松陰自身が実は軍学者で、現在で言うところの「安全保障」などの危機管理の専門家でした。弟子の山田顕義も軍人として活躍しましたが、欧米で法律を学んだことで「日本の近代化に必要なのは軍ではなく法制度である」ということに気付き、その後内閣制度発足後の初代司法大臣に就任しています。

――吉田松陰も山田顕義も「危機管理」というものについて研究していた、ということですね。

福田教授 つまり、吉田松陰と山田顕義がやってきた軍学や兵学、またシビリアンコントロールなどの「法に基づいて安全保障や危機管理を確立していく必要がある」という考えは、日本大学のオリジンであり起源なのです。それを受け継いだのがこの危機管理学部です。

――危機管理学部はどのような経緯で設立されたのでしょうか?

福田教授 新学部開設について具体的な話が出たのが2010年頃です。日本大学は、2019年に創立130周年を迎えるのですが、それを記念する事業の中で日本大学に求められているものは何かが検討された結果、危機管理学部とスポーツ科学部の開設が決定されました。

次のページ具体的にはどんなことが学べるの?

関連記事

関連キーワード

おすすめの記事

合わせて読みたい

編集部ピックアップ

「大学生活」のカテゴリを絞り込む

学生の窓口会員になるとこんなにお得!

  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    記事やイベント

  • 会員限定の
    セミナー開催

無料会員登録

あなたのきっかけを探そう

気になる #キーワード をタッチ

もっと見る

テーマから探そう

あなたへのきっかけが詰まった、6つのトビラ

会員登録でマイナビ学生の窓口をもっと楽しく!

閉じる
マイナビ学生の窓口に会員登録(無料)すると、
お気に入り機能などを利用してもっと便利にご活用いただけます!
  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催