大事にしている? 彼氏・彼女を大切にするために気をつけたい言動3選

学生の窓口編集部

お気に入り!

あとで読む

大切に思っている恋人は、特に大切に扱いたいもの。ところが大切に扱っているつもりでも、相手に真意が伝わっているとは限りません。大切にしたい気持ちだけが空回りしていないか、今いちど自分の言動を振り返ってみましょう。


■大切に扱えば、相手からも大切に扱われる

口ではいくら愛している、好きだと叫んでいても、行動が伴っていなければ、相手に真意は伝わりません。大切にされていると恋人が実感できるのは、言葉よりも態度です。行動を伴わない軽い言葉には、軽い言葉が返ってくるだけです。愛情が深まるのは、相手からも愛情が返ってきたときです。まずは、大変そうにみえたら労わってみる。できることがあれば、手助けしてみることから始めてみましょう。相手を大切にするとは、結局のところ、気配りや気遣いの積み重ねです。

■余裕がない時に、どれだけ相手を労われるか

自分に余裕がある時に、恋人を労わるのは簡単です。むしろ余裕がない時にどれだけ相手を労わることができるかが、ポイントになってきます。普段どれだけ恋人に尽くし、優しく接していたとしても、余裕がない時の暴言ひとつで恋人との関係も悪化します。余裕がなかったと頭では理解していても、普段との落差が激しすぎると、恋人にとっては大きな失望につながります。余裕がなく、気配りも気遣いも難しい時は、「ごめん、今は余裕ない」と素直に白状できるよう、必要以上に自分を大きく見せないこともポイントです。疲れていて弱っている時は、相手からの親切や気遣いが嬉しいもの。「今は余裕がないから、こうしてくれると嬉しい」あるいは、疲れていてどうしようもないから、ただ甘えさせてと弱音を吐けることもポイントです。自分ひとりが、がんばり過ぎなくても大丈夫です。

■重みのあることばには、重みのあることばや態度が返ってくる

余裕がない時に恋人を思いやることは、そう簡単ではありません。簡単ではないだけに、余裕がない時に相手への思いやりを示しておいた実績が、生きてきます。辛そう、あるいは大変そうと思った恋人からの、労りがかえってくるかもしれません。弱音を吐いても労りが返ってこない相手との関係を、見直すきっかけにもなります。気配りには気配りで返すことを、大切に思っている相手かどうか。大切にできるものが共通しているかどうかもポイントです。

まとめると、大切にしていると言葉で伝えるよりも、態度で表すこと。大切にするとは、結局は気配りや気遣いの積み重ねです。そして自分に余裕がない時に、どれだけ相手を思いやる行動がとれるかになります。また一方通行ではなく双方向で、互いを思いやれる相手かどうか、見極めることもポイントです。

関連記事

「大学生活」カテゴリの別のテーマの記事を見る

おすすめの記事

編集部ピックアップ

学生の窓口会員になってきっかけを探そう!

  • 会員限定の
    コンテンツやイベント

  • 会員限定の
    セミナー開催

  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

一歩を踏み出せば世界が変わる無料会員登録

あなたのきっかけを探そう

気になる #キーワード をタッチ

テーマから探そう

あなたへのきっかけが詰まった、6つのトビラ

会員登録でマイナビ学生の窓口をもっと楽しく!

閉じる
マイナビ学生の窓口に会員登録(無料)すると、
お気に入り機能などを利用してもっと便利にご活用いただけます!
  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催