逆効果になってしまうことも? 恋人との駆け引きで失敗するパターン 5選

学生の窓口編集部
2015/12/28
恋愛
あとで読む

付き合っている恋人の気持ちがよくわからなくて困っている時などに「駆け引き」をした経験はありませんか? 駆け引きは恋愛においてとても難しいものです。恋人との駆け引きで失敗するパターンを5つご紹介しますので、参考にしてみてください。

■自分がモテることをアピールする

恋人に嫉妬させたいあまりに、「○○さんに好きって言われた」「あの人は自分のことが好きみたいなんだけど」などという発言をして、自分がモテることをアピールすることは、逆効果につながる場合もあります。「じゃあその人と付き合えば?」「別れてそっちにいけば?」などと返ってきたら大変です!

■あえて自分から連絡しない

恋人の気持ちが自分に向いているかを確かめたくて、わざと距離をおいて相手から連絡が来るか待つ方も多いのではないでしょうか?その間に相手の方が「自分が冷たくされている」と思って、別の人を好きになってしまった……となっていたら取り返しがつきません。あまり長期間連絡を取らないでいるのは危険なので、程よきところで連絡してみた方がいいかもしれません。

■尽くしすぎる

自分のことをもっと好きになってほしくて、尽くしすぎたがために、相手にとって重い存在になっていませんか?身の回りの世話をなんでもしてあげたり、欲しいものをなんでも買ってあげたりしていると、「恋人」という認識から「ただの便利な人」という認識に変わってしまうこともあるので気をつけましょう。

■弱い自分をアピール

「今すごく悩んでるんだけど」「とってもつらいことがあって落ち込んでる」など、自分の弱い部分を見せて相手の同情を引こうとする作戦は、「面倒」「重い」というイメージダウンにつながることもあります。恋愛初期なら有効な場合でも、付き合いが長くなると「ふーん、だから?」というように軽く流されてしまうようになります。

■急に過激になる

今の印象を変えようと、恋人から頼まれてもいないのに、女性ならセクシーな下着をつけたり、胸元が大きくあいている服をきたり、化粧が派手になったり……男性ならピチピチのTシャツ着たり、アクセサリーをジャラジャラつけたり……などという行動をとると、相手が引いてしまうこともあります。今付き合っている人は、そのままの状態を好きになってくれた訳ですから、イメージを崩すようなことはあまりしない方が吉です。

恋人と駆け引きをして成功するパターンは、失敗するパターンより少ないとされています。成功すれば恋愛は盛り上がるでしょう。しかし無理に駆け引きをして、別れることになってしまったら元も子もありません。良く考えてから行動してください。

関連記事

おすすめの記事

合わせて読みたい

編集部ピックアップ

「大学生活」のカテゴリを絞り込む

学生の窓口会員になるとこんなにお得!

  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    記事やイベント

  • 会員限定の
    セミナー開催

無料会員登録

あなたのきっかけを探そう

気になる #キーワード をタッチ

もっと見る

テーマから探そう

あなたへのきっかけが詰まった、6つのトビラ

会員登録でマイナビ学生の窓口をもっと楽しく!

閉じる
マイナビ学生の窓口に会員登録(無料)すると、
お気に入り機能などを利用してもっと便利にご活用いただけます!
  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催