アルバイト先の同僚が気になる! LINEでアプローチするテクニック3選

編集部:はまみ
2016/07/04
バイト知識
あとで読む

アルバイト先の同僚と仲良くなったら、連絡先を交換することもあるでしょう。たとえ業務連絡でも、異性からLINEという形で連絡が来るとちょっと意識してしまうものです。今回は気になるバイト先の異性にLINEを送るときのポイントをお伝えします。

■マナーを守るのは必須

アルバイト先の同僚は、よっぽど仲良くなるまでは仕事仲間という関係。うっかり友達と話すような態度で相手に接してしまうと失礼だと思われ相手にされない可能性が出てきます。気持ちだけが先走って、自分の気持ちを信じて行動した結果失敗したということになると、バイト先での立場もかなりきまずくなるでしょう。最初のうちはマナーをきちんと守ったLINEをすることが大切です。もしこれができていなければ、この人はコミュニケーションが苦手な人だと、相手にマイナスのイメージを植え付けてしまう可能性があります。やりとりを続けて信頼できる人だと思われるところまで持ってくれば、徐々に相手とのコミュニケーションもスムーズになっていきます。

■親しき中にも敬語は忘れず

相手とのコミュニケーションのパイプがしっかりとしてきたらそろそろ次の段階に進みたいと考えますよね。だんだんと言葉遣いもラフになってきがちですが、相手が先輩だったり目上の立場だったりする場合は、敬語を使うようにしましょう。敬語は相手の方に対して「私はあなたに対して敬意を抱いていますよ」ということを伝えるものです。「親しき中にも礼儀あり」という言葉があるように、LINEの中でも親しさを込めつつ敬語を入れることを忘れないようにしましょう。正しい敬語の使い方ができる人は、人と接する際に物事をわきまえているという印象を与えることができ、評価を上げることにも繋がります。

■何度目かのLINEで飲みに誘う

「今度飲みに行きましょう」とLINEをして「いいですよ」とすぐ返事をもらえたら、次の関係に進む準備ができたといえるでしょう。やはり一緒に飲みに行くというのは仕事仲間の関係から一歩前に踏み出す行動。ここはがんばりどころです! ここまで、アルバイトで知り合って業務に関することや他愛ない話でうまくLINEが続けられているのなら、きっと相手も嫌な気持ちはしないでしょう。

ではどういう誘い方だと成功率が上がるのでしょうか? 逆の立場で考えてみましょう。「今度飲みに行きましょう」とだけ書かれているLINEと、相手の仕事上の努力を褒めて、「いろいろ仕事のコツを教えてもらいたいので、今度飲みに行きませんか?」と飲みに行く理由を付けを加えた場合とでは、どちらがOKの返事をもらいやすいと思いますか? 当然後者のLINEが効果的だと感じるでしょう。単刀直入に誘うよりも、相手が理由付けができる状態で誘うほうが断られる可能性を軽減することができます関係が深まれば理由なく会うことができますが、最初のうちは焦りは禁物です。

いかがでしたか? アルバイト先の気になる異性と関係を深めたい場合は、まずは仕事仲間として信頼される関係を作る必要があります。焦って距離を縮めようとするのではなく、まずはコミュニケーションをしっかり取れるように努力していきましょう。

関連記事

おすすめの記事

合わせて読みたい

編集部ピックアップ

「大学生活」のカテゴリを絞り込む

学生の窓口会員になるとこんなにお得!

  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    記事やイベント

  • 会員限定の
    セミナー開催

無料会員登録

あなたのきっかけを探そう

気になる #キーワード をタッチ

もっと見る

テーマから探そう

あなたへのきっかけが詰まった、6つのトビラ

会員登録でマイナビ学生の窓口をもっと楽しく!

閉じる
マイナビ学生の窓口に会員登録(無料)すると、
お気に入り機能などを利用してもっと便利にご活用いただけます!
  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催