彼氏が当てはまるなら注意! 本気で音楽活動をしている相手といい感じになったときの注意点

学生の窓口編集部
2015/11/30
恋愛
あとで読む

音楽をやっている男子はカッコ良く見えてしまいますよね。もし音楽をやっている男子といい感じになったと時には、気をつけて。あくまでも音楽が趣味ということならいいのですが、本気で音楽をやっていたり、プロを目指しているのなら、その彼、彼氏にするには、女の子が我慢しなければならないことが多い相手かもしれません。

■実は地雷男子かもしれない? 音楽活動している彼

付き合うまでは魅力的に見えたのに、付き合ってみたら厄介だった、そんな男子を地雷男子と言います。ちまたでは付き合ってはいけない男性の3大属性を「3B」と呼ぶこともあります。「3B」とは、バンドマン、美容師、バーテンダーの頭文字。中でも音楽活動をしている彼ともし付き合った場合、次のことが待っていると思った方が良いでしょう。

■女性ファンとの交流は日常

もし彼がバンドマンなら、ライブハウスなどで音楽活動をしていますよね。音楽活動を続けるためには、チケットを買ってくれるファンの存在が欠かせません。バンドマンには、女性ファンからの手紙や差し入れは日常茶飯事、時には握手会のようなことを行うような、ファンとの距離がとても近い場合もあります。女性ファンとの交流も大事な営業活動の一つです。ファンの中には、毎日のようにライブに通う人もいます。あなたは、そんな彼氏に耐えられますか?

■ヒモ体質になりやすい

音楽活動をしている人は、ヒモになりやすい傾向があります。というのも、音楽活動をして食べて行ける人は一握り。もちろん彼もアルバイトなどはしていると思います。でも音楽活動を優先させるとアルバイトができなくなり、生活のためにアルバイトを増やせば、音楽活動ができなくなります。そのため、女性からの援助を受け入れる人が多いのが、音楽活動をしている男性の特徴です。全員が全員そうというわけではありませんが、ファンからのプレゼントの中に現金や金券が入っていることもあったり、音楽活動をしている人というのは、ヒモになりやすい環境にいるのです。

■夢が実現するまで結婚は無理

それでも音楽活動をしている彼と付き合うと決めたら、彼との結婚は相当先になると考えた方が良いでしょう。男性は夢を追いかけている間は、安定や結婚を考えることはできません。音楽活動をしている彼が結婚を考えるのは、納得いくまで夢を追いかけ、目標を達成するか、自発的にあきらめる時。もしあなたが結婚を見据えた付き合いを望むなら、それまで待つ覚悟が必要になります。

もともと大学生で本気で音楽活動をしている男性と知り合う機会はそう多くはないかもしれません。もし音楽活動をしている彼といい感じになったら、上記のことを思い出してみて、女性ファンとの交流に寛容にになれるか、経済的に養ってあげることもできるのか、夢を応援してあげられるか、よく考えてみてくださいね。

関連記事

おすすめの記事

合わせて読みたい

編集部ピックアップ

「大学生活」のカテゴリを絞り込む

学生の窓口会員になるとこんなにお得!

  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    記事やイベント

  • 会員限定の
    セミナー開催

無料会員登録

あなたのきっかけを探そう

気になる #キーワード をタッチ

もっと見る

テーマから探そう

あなたへのきっかけが詰まった、6つのトビラ

春からFES

会員登録でマイナビ学生の窓口をもっと楽しく!

閉じる
マイナビ学生の窓口に会員登録(無料)すると、
お気に入り機能などを利用してもっと便利にご活用いただけます!
  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催