愛はあるけど時間が……! すれ違い夫婦がうまくいくための5つのヒント

学生の窓口編集部
2015/11/30
恋愛
あとで読む

パートナーと仕事の時間やお休みが合わないということ、ありませんか?自分の休日が必ずしもパートナーの休日とも限らず、また生活リズムが違うために家の中で顔を合わせる時間があまりないということも。そう言えば最近あまり話もしていない......そんなすれ違い夫婦が上手くやっていくためのヒントをご紹介します。

■まめにコミュニケーションを取る

すれ違い夫婦が落ち入りやすいのが、コミュニケーション不足での心のすれ違い。離婚になりやすいのはコミュニケーションが足りないカップルです。そんな事態を避けるためにも、まめにコミュニケーションを取る努力が必要です。こまめにメールで話したり、朝食だけでも揃って取れるようにしたり、できることはあるはず。相手の帰りが遅くて先に寝てしまうという時には、テーブルの上に「お疲れ様。明日早いから先に寝てるね。」などと一言メモを書いて置いておくのもよいでしょう。

■ほんの少しの時間でも一緒に過ごす

2人で過ごす時間がなかなか取れないというすれ違い夫婦にとって、一緒に過ごせる時間は貴重。でも、そんな時間に忙しく家事をやったり、手伝ってくれない相手につい冷たくあたったりしては、ますますすれ違いも大きくなってしまいます。一緒に過ごす時間はお互いにやりくりして作り出すことも必要。週1回は一緒に食事をする、一緒に映画を観賞するなど、ゆっくり過ごせる工夫をしてみましょう。どうしても休日が合わないカップルは、長く夫婦でいるためにもたまには休みを取って一緒に過ごす時間を作ることも必要です。

■相手を気にかけていることを表す

すれ違いが続くと、お互いに相手のことを気にかけているのかわからなくなることがあります。そんな時には、相手のことを気にかけているということを態度で表してみましょう。お弁当に一言書いたメモをつけたり、「近くまで行ったから」と評判のスイーツを買ってきてあげたり、大切に思っていることを伝えることがすれ違い解消には必要です。

■たまにはロマンチックな時間を作る

夫婦にとって、ロマンチックな時間を作ることも大切なこと。時間が合わないからとすれ違ったままでは、セックスレス夫婦にもなりかねません。触れ合う時間を持つことで、お互いに優しくなることもできるはず。たまには2人のスケジュールを合わせて、愛の時間を持つようにしましょう。

■一緒にいられなくても相手を責めない

一緒に過ごしたくても、時には急な仕事が入ってしまうということも起こります。そんな時、相手に不満をぶつけたい気持ちはわかりますが、なぜ時間が取れなかったのか理解しようとすることも必要です。「約束じゃなかったの!」と相手を責めると、わかってくれないという気持ちだけが募ってしまうもの。いつだったら時間が空くのか前向きにスケジュールを調整しましょう。どうしても時間を合わせることができないという時は、自分の趣味や好きなことを充実させるのも良い方法。時には割り切って考えることも必要です。

すれ違い夫婦に必要なのは、一緒にいる時間を作るための工夫と努力。相手を思いやる気持ちを忘れずに、意識してコミュニケーションを取るようにしましょう。一緒にいられる時間が短いからこそ、その時間を充実したものにできればかえって絆も深まるのではないでしょうか。

関連記事

おすすめの記事

合わせて読みたい

編集部ピックアップ

「大学生活」のカテゴリを絞り込む

学生の窓口会員になるとこんなにお得!

  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    記事やイベント

  • 会員限定の
    セミナー開催

無料会員登録

あなたのきっかけを探そう

気になる #キーワード をタッチ

もっと見る

テーマから探そう

あなたへのきっかけが詰まった、6つのトビラ

会員登録でマイナビ学生の窓口をもっと楽しく!

閉じる
マイナビ学生の窓口に会員登録(無料)すると、
お気に入り機能などを利用してもっと便利にご活用いただけます!
  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催