いつまでもキュン♡ ずっとラブラブ新婚カップルでいるためのメソッド

学生の窓口編集部
2015/11/30
恋愛
あとで読む

結婚して夫婦になってもラブラブな関係で居続けられるが理想です。そんな仲良しの新婚カップルの感覚を長く保ち続けるためにはどういったことに気をつければいいのか?良い関係性をキープするための夫婦間のコミュニケーションの取り方についてまとめてみました。みなさんの夫婦生活に彩りをプラスするための参考にしてみてください。

■あいさつや声かけを忘れずに

「親しき中にも礼儀あり」という言葉があるように夫婦間の間でも相手に対するリスペクト、特にちょっとした声かけやあいさつは忘れないようにしましょう。特に新婚時代からお出かけのキスやハグなどをする習慣があればコミュニケーションにバリエーションがでてきます。豊かなコミュニケーションはお互いのモチベーションを上げ満足感や幸福感を生み出す効果があります。

■心を広くしてパートナーを受け入れよう

いくら仲の良い夫婦であっても、時には価値観や考え方の違いで衝突することもあるはずです。夫婦間の問題は時に解決に時間を要したり、多くのパワーを使うことにもなります。そんな時こそ相手の価値観や考え方を受け止めるだけの「寛容さ」が重要になってきます。異なる考えや価値観を受け入れることは難しいからこそ、そうすることで相手への尊敬や敬意を表す気持ちへと繋がっていくのです。

■パートナーのことを第一優先に考える

夫婦として、または子の親として魅力のある人間になり、家族を支えたいものです。家族が増えるほど愛情はその数だけ分散されてしまいがちですが、それでもパートナーへ注ぐ愛情の量は減らしてはなりません。もちろん子供や周辺へ注ぐ愛も大切ですが、夫婦間の関係が良くて初めて周囲へも優しく接することができるのです。ベースは夫婦間の距離感や想いやリの密度と言ってもいいでしょう。

いつまでも新婚カップルのような気持ちで居続けるためには日頃のコミュニケーションがポイントになってきます。お互いを信用し、想い合っていることがベースにあれば例え喧嘩やトラブルになっても大事に至ることはないでしょう。また、気持ちのすれ違いなどがあったとしても事前に察知し回避することもできるはずです。

関連記事

合わせて読みたい

編集部ピックアップ

「大学生活」のカテゴリを絞り込む

学生の窓口会員になるとこんなにお得!

  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    記事やイベント

  • 会員限定の
    セミナー開催

無料会員登録

あなたのきっかけを探そう

気になる #キーワード をタッチ

もっと見る

テーマから探そう

あなたへのきっかけが詰まった、6つのトビラ

会員登録でマイナビ学生の窓口をもっと楽しく!

閉じる
マイナビ学生の窓口に会員登録(無料)すると、
お気に入り機能などを利用してもっと便利にご活用いただけます!
  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催