照れ屋でも大丈夫! 恋愛中の彼から愛の言葉を引き出すコツ3選

学生の窓口編集部

お気に入り!

あとで読む

女の子は愛の言葉を言ってもらえないと、恋愛でもなかなか愛されてるということを実感できなかったりしますよね。特に照れ屋のカレに愛の言葉を言ってもらうのは至難の技。言わなくてもわかるでしょ?で済まされてしまいがちです。そんな照れ屋のカレから愛の言葉を引き出す作戦を紹介します。

■カレが何気なく言ったことを覚えておく

いつもよく喋って「好き」「愛してる」と言ってくれるカレなら、恋愛でも何を考えているかわかりやすいですが、無口で照れ屋なカレは、恋愛中も何を考えているのかわからず、彼女としては不安になることも。照れ屋なカレに愛の言葉を言ってもらうためには、まず信頼関係を築くことが大切です。信頼関係ができないうちは、照れ屋なカレは簡単に「好き」と言ったりできません。そのために有効なのが、カレが何気なーく発した一言を、しっかりと覚えておくことなんです。例えば、本屋で待ち合わせした時にカレが本を見ていて、「この作家好きなんだよね〜。」と言ったり、一緒に食事をしていて、「コレおいしいな。」と言ったりしたら、チャンスです。カレが何気なく口にした一言や作家や食べ物などをしっかり覚えておきましょう。そして、カレがそんなことを言ったのを忘れた頃に「そういえば○○君は△△が好きだったよね。」「○○の時△△って言ってたよね。」とその話題を振るのです。そうすると、カレは「そんなこと言ったかな?」とびっくりするのと同時に、「そんなことまで覚えててくれたんだ」と、何気ない一言を覚えていたあなたに、信頼感を覚えるのです。

■「ホントは寂しい…」とポロっと言ってみる

ここからは信頼関係ができてからの作戦です。恋愛中でも寂しそうな様子を見せない彼女が「ホントは寂しい…」と言うと、男子はキュンとします。寂しがらせて悪いなあと本気で思わせると、照れ屋なカレでも彼女を安心させようとして「ごめん、好きだよ」と愛の言葉を言ってくれやすくなります。ただし、いつも「寂しい」「構って」を繰り返している彼女だと、いくら好きでもカレは重く感じてしまうことも。恋愛中でも普段は「寂しい」は我慢して、ここぞと言う時にだけ使いましょう。

■「どうして好きって言ってくれないの?」はNG

最後にやってはいけないことを。好きって言って欲しいのになかなかそう言ってくれない彼氏だと、つい女の子が言ってしまいそうになるのが、「どうして好きって言ってくれないの?」という言葉。これはNGワードです。「好き」と言ってくれるどころか、好きと言えない理由を語り出すかもしれないのが男性の思考回路。カレに「好き」と言って欲しかったら、まず自分からカレに「好き」と言ってみましょう。その後で「○○君は…?」とかわいく尋ねてみれば、照れ屋のカレも「オレも好きだよ」と愛の言葉を言いやすくなります。

照れ屋なカレはなかなか愛の言葉を口にしてくれないので、彼女としては物足りなく感じてしまうことも。でも無口で照れ屋なカレだからこそ、「好き」「愛してる」の一言が女の子には嬉しいものですよね。「好き」「愛してる」と言ってもらえる彼女になれるよう、女の子もがんばりましょう。

関連記事

「大学生活」カテゴリの別のテーマの記事を見る

編集部ピックアップ

学生の窓口会員になってきっかけを探そう!

  • 会員限定の
    コンテンツやイベント

  • 会員限定の
    セミナー開催

  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

一歩を踏み出せば世界が変わる無料会員登録

あなたのきっかけを探そう

気になる #キーワード をタッチ

テーマから探そう

あなたへのきっかけが詰まった、6つのトビラ

春からFES

会員登録でマイナビ学生の窓口をもっと楽しく!

閉じる
マイナビ学生の窓口に会員登録(無料)すると、
お気に入り機能などを利用してもっと便利にご活用いただけます!
  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催