こういう人がいたら注意! 厄介な「サークルクラッシャー」の特徴

学生の窓口編集部
2015/11/06
サークル・部活
あとで読む

大学生になると研究会やサークルに入部する人も多いのでは?そこで気をつけたいのが「サークルクラッシャー」の存在です。サークルクラッシャーとは、どんな人のことなのでしょうか?もしかして既に身近にいるかもしれませんよ。

サークルクラッシャーとは?

サークルクラッシャーとは、男性メンバーが多い学校の研究会やサークルに飛び込んできた1人もしくはごく少数の女性メンバーのことです。「サークラ」「サークラ女」「クラッシャー系」と呼ばれることもあります。「紅一点」となるこの女性をめぐって、それまで何の問題もなく仲の良かったメンバーたちの関係がこじれてしまったり、恋愛関係のいざこざが原因で男性メンバーたちの争いが起きてしまったりして、「サークルがだめになる」ことからサークルクラッシャーと呼ばれるようになりました。

例えば、どういうことが起こるの?

一例を紹介します。サークルクラッシャーがサークル内の男性に対し、その気にさせるような言動をとったために、サークル内の男性メンバー全員から告白されるということが起きました。サークルクラッシャーである本人は誰とも付き合う気がなかったので、正直にその気持ちを伝え、後日、彼女がサークルに行くと、サークルの男性メンバーの半数の人がサークルを辞めてしまっていました。それまでみんなで仲良く活動を行なっていたサークルが崩壊してしまったというわけです。

サークルクラッシャー本人は、どう思ってるの?

本人は悪気があるわけではなく、ごく自然体でサークルの男性メンバーと仲良くしているつもりなのです。つまり、自分からは何もしなくても、なぜか勝手にモテてしまうと感じているのです。ただ、男性メンバーに言い寄られてしまい、好奇心で近づいてしまったという肉食系の女子もいます。このような女性は、自分の積極的な行動を「本能」だと言うことが多いようです。

サークルクラッシャーの周りの人はどう思っているの?

これは意見が分かれるところです。「積極的な彼女の行動が羨ましい、願望はあるけれど実際に行動には起こせないから」と感じている人もいる一方、「1つのコミュニティ内で恋愛関係のいざこざが起こるのはみっともない」と感じている人もいるようです。確かに彼女のように積極的に恋愛を楽しめることは羨ましいですが、周りからみると軽く見えるという意見にも頷けますね。

サークルクラッシャーが嫌われる理由とは?

サークルのメンバーは日頃からサークル内の人間関係を良くしていこうと気を配っています。中には、周囲への気遣いから「恋愛はサークルの外でする」と自分に制約をかけている人までいるのです。そんな周りの配慮に気付きもしないで、サークル内で積極的な恋愛をし続けるサークルクラッシャーは無神経に見えてしまうのでしょう。また、サークルを崩壊させなくとも、男性に1人ちやほやされている様子を目にするのは気持ちのいいものではありません。ですからサークルクラッシャーは嫌われてしまうことが多いようです。

あなたの周りにサークルクラッシャーはいませんか?いえ、もしかすると、あなた自身がサークルクラッシャーかもしれません。サークルメンバーを大切にしたいのであれば、サークル内での言動には気をつけましょうね。

関連記事

関連キーワード

おすすめの記事

合わせて読みたい

編集部ピックアップ

「大学生活」のカテゴリを絞り込む

学生の窓口会員になるとこんなにお得!

  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    記事やイベント

  • 会員限定の
    セミナー開催

無料会員登録

あなたのきっかけを探そう

気になる #キーワード をタッチ

もっと見る

テーマから探そう

あなたへのきっかけが詰まった、6つのトビラ

会員登録でマイナビ学生の窓口をもっと楽しく!

閉じる
マイナビ学生の窓口に会員登録(無料)すると、
お気に入り機能などを利用してもっと便利にご活用いただけます!
  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催