観測気球が行方不明!2年後、発見されたカメラから奇跡の光景が…!

学生の窓口編集部

お気に入り!

あとで読む

スタンフォード大学の学生が、小型カメラをつけた観測気球を飛ばしましたが、途中で気球が破裂し、カメラも行方不明になってしまいました。

打ち上げから2年後、砂漠の中で発見され、そこに収められていた映像ごと、学生の手元に戻ってきました。そこには息をのむほど美しい映像が…!

※映像が揺れますのでご注意ください

(参照:https://www.youtube.com/watch?v=EABQ5psUz70)

関連記事

「大学生活」カテゴリの別のテーマの記事を見る

編集部ピックアップ

学生の窓口会員になってきっかけを探そう!

  • 会員限定の
    コンテンツやイベント

  • 会員限定の
    セミナー開催

  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

一歩を踏み出せば世界が変わる無料会員登録

この記事に関連するタグ

あなたのきっかけを探そう

気になる #キーワード をタッチ

テーマから探そう

あなたへのきっかけが詰まった、6つのトビラ

会員登録でマイナビ学生の窓口をもっと楽しく!

閉じる
マイナビ学生の窓口に会員登録(無料)すると、
お気に入り機能などを利用してもっと便利にご活用いただけます!
  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催