Excelのフィルター機能を便利に活用! 抽出したデータの削除・ナンバリングする方法を解説

2020/01/29

ITスキル

資料のデータをまとめるために、フィルター機能で抽出したデータを削除したい場合がありますよね。今回は、抽出したデータだけを削除する方法や、抽出したデータ以外を削除する方法。併せて、抽出したデータに連番を振る方法についても解説していきます。

<目次・お困りごとの解決策>

1.抽出したデータを削除する
2.抽出したデータに連番を振る

▼<上記に解決策がないときは・・・>
Excelの関連記事はこちら

抽出したデータを削除する

Excelのフィルター機能で抽出したデータを削除するには、「行の削除」を利用します。今回は次の表から「区分1」のデータを抽出し削除してみましょう。

エクセルのフィルター機能

手順は次の通りです。

(1)削除したいデータ(区分1)を抽出します。

削除データを選択

(2)行番号(今回は5・9行)をドラッグして、行全体を選択します。

行をドラッグ

(3)選択範囲を右クリックし、「行の削除」をクリックします。

行を削除

(4)[データ]タブからフィルター横のクリアを選択し、フィルターをクリアします。

フィルターをクリア

(5)区分1のデータのみが削除されました。

フィルター機能 データを削除

先とは反対に、フィルターで抽出したデータ以外を削除したい場合は、抽出条件を反対にすることで対応します。
たとえば、「区分1のデータを抽出」「抽出された行以外を削除」ということは、「区分1以外のデータを削除」することを意味します。つまり、「区分1以外のデータ(区分0・2)を抽出し、抽出された行を削除」することで、対応できます。

データの種類が多く、選択が面倒な場合は数値フィルターから選択することも(1)区分の数値フィルターから「指定の値に等しくない」を選択します。

数値フィルター

(2)オートフィルターオプションで、区分に「1」を入力し、OKボタンをクリックします。

オートフィルター

(3)表示された行の番号を選択し、行の削除をクリックします。

行の削除

(4)フィルターを解除すると、区分1のデータ以外が削除されました。

抽出データの削除

データの種類によって、条件の指定方法は異なりますが、基本的には「抽出したデータを削除」という流れになります。「抽出したデータ以外を削除」したい場合は、数値フィルターで抽出データとは逆の条件(指定の値に等しくない)を指定し、削除するデータを抽出します。

抽出したデータに連番を振る

Excelのフィル機能を利用することで、抽出したデータに連番を振ることができます。
データを抽出してから連番を振る具体的な手順は、次の通りです。

(1)フィルター機能でデータ(区分0)を抽出します。

抽出データ 連番

(2)抽出したデータの先頭に「1」を入力します。

データに連番

(3)連番を入力したいセルの範囲を選択し、「Alt+;(セミコロン)」を入力します。

連番 Alt+;(セミコロン)

(4)[データ]-[クリア]でフィルターをクリアします。このとき、範囲選択されたセルの見た目がずれることがありますが、そのまま進めてください。

データのクリア

(5)[ホーム]タブから「フィル」-「連続データの作成」を選択します。

オートフィル 連続データ

(6)OKボタンをクリックします。

連続データ

(7)指定範囲内に連番が振られました。

指定範囲

まとめ

データの量が多くなるほど、資料としては見づらくなります。Excelのフィルター機能で抽出し、不要なデータを削除できれば見やすくもなり便利です。データを整理する際のフィルター機能で抽出したデータを削除する方法と、あわせて連番を振る方法も解説しました。ぜひ活用してください。
ぜひ活用してください。

(学生の窓口編集部)

https://gakumado.mynavi.jp/freshers/articles/55832?source=seonavi

関連記事

新着記事

もっと見る

HOT TOPIC話題のコンテンツ[PR]

注目キーワード

注目:社会人ライフ全般

ITスキルの人気記事ランキング

  • 新生活準備応援クーポン特集

     ビジネス用語・カタカナ語80選

     先輩社会人の働き方本音トーク

     キャリアロードマップの一歩目

    ピックアップ [PR]

    イベント

    もっと見る