Mac版Excelでフリーズや起動しないなどのトラブルの対処法

2019/08/23

ITスキル

ファイルが立ち上がらない場合の対処法

Excelファイルが開かない、そもそもExcelがうまく起動しないなどの場合、Excelをアンインストールしてもう一度インストールすれば解決することもあります。
それでも解決しない場合は、以下の手順を試してみてください。

【1】 Excelを終了した状態で、Finderのメニューバー「移動」→Optionキーを押しながら「ライブラリ」を選択します。

mac エクセル トラブル対応

【2】「Containers」内の「com.microsoft.Excel」フォルダをデスクトップに移動します。

mac エクセル トラブル対応


まず「Containers」をダブルクリックします。

mac エクセル トラブル対応

その後、Excelのフォルダをデスクトップに移動します。

【3】「ライブラリ」フォルダに戻り、「Group Containers」内の以下の3つのフォルダをデスクトップに移動します。

mac エクセル トラブル対応

「Group Containers」をダブルクリックします。

mac エクセル トラブル対応

「UBF8T346G9.ms」「UBF8T346G9.Office」「UBF8T346G9.OfficeOsfWebHost」の3つのフォルダをデスクトップに移動します。

【4】Excelを再起動します。

※「UBF8T346G9.office」フォルダの中には Outlook のデータが入っている場合もあります。Outlookを使用している場合、デスクトップに移動したフォルダの中からOutlookのフォルダを、「Group Containers」内に新しくできているはずの「UBF8T346G9.office」ファイルに戻しましょう。

フリーズしたらどうすればいい?

フリーズしたときの対処も、基本的には「起動・動作が遅いときの対処法」と同じように対処します。動かなくなったエクセルの強制終了は以下のように行いましょう。

「Command+Option+Escキー」を押して「アプリケーションの強制終了」を開き、エクセルを選びます。

mac エクセル トラブル対応

画面表示が乱れる不具合とその解決方法

Excelの画面表示が乱れる(メニューバーが黒くなる、ポップアップが真っ白になる、表示した内容が崩れる)という場合は、Macをセーフモードで再起動してみましょう。
開いているExcelファイルをいったん保存した後、「再起動」を開始したら「shift」キーを押し続け、ログインウィンドウが表示されたら「shift」キーを離して通常通りにログインします。

セーフモードにすると、キャッシュファイルが削除されるため、セーフモードでExcelを起動すると正常に起動できます。
正常に起動することを確認したら、通常通りに再起動して構いません。

Excel ブックを保存するときのエラー

Excelブックの保存時にエラーが起こった場合は、「新しいファイル名で保存」「別のExcelファイルの種類として保存」の2つの方法でエラーを回避できることがあります。

●新しいファイル名で保存する場合:「ファイル」→「名前をつけて保存」と選択し、任意の名称をつけて保存します。

mac エクセル トラブル対応

●別のExcelファイルの種類として保存する場合:「ファイル」→「名前をつけて保存」→現在のファイル形式以外の形式を選択します。

mac エクセル トラブル対応

まとめ

エクセルは現在、Windows向けの開発がメインであるため、Mac版の速度はWindows版と比べると遅い傾向にあります。2016以降はかなり改善されてきていますが、不具合が起こったらぜひご紹介した対処法を試してみてください。

(学生の窓口編集部)

関連記事

新着記事

もっと見る

HOT TOPIC話題のコンテンツ[PR]

注目キーワード

注目:社会人ライフ全般

  • 新生活準備応援クーポン特集

     ビジネス用語・カタカナ語80選

     先輩社会人の働き方本音トーク

     キャリアロードマップの一歩目

    ピックアップ [PR]

    イベント

    もっと見る