「お疲れ様」と「ご苦労様」の違いと正しい使い方【もう間違えない! 定番ビジネス敬語集】

2018/02/19

電話・メール

「お疲れ様」と「ご苦労様」の違いと正しい使い方

あなたは、「お疲れ様」と「ご苦労様」をきちんと使い分けていますか? 「お疲れ様」「ご苦労様」はどちらも相手をねぎらう言葉ですが、使う相手を間違えると相手は気分を害してしまう可能性もあります。また、特に「お疲れ様」については、世代の違いによって微妙なニュアンスを持つ言葉でもあります。「お疲れ様」と「ご苦労様」の違いを学び、例文にならって適切に使い分けて、快適なビジネスライフを送るようにしましょう。

▼こちらもチェック!
【例文つき】スグ使えるビジネス用語・カタカナ語80選! ビジネスシーンに頻出の用語一覧

■実は難しい!「お疲れ様」「ご苦労様」の違いと意味

一般的には、目上の者が目下の人への労をねぎらって使う言葉が「ご苦労様」です。少し上から目線の言葉になります。上司や先輩に対して「ご苦労様」を使うのは避けたほうがよいでしょう。

一方、相手の立場に関わらず挨拶として利用できる言葉が「お疲れ様」。一般的なビジネスマナーとしては、目下の人から目上の人に向けても使ってよい言葉とされています。しかし、この認識は近年になって浸透してきたもの。年代によっては、目下の人が目上の人に「お疲れ様です」と言うと気分を害す場合もあるのです。そのため、おかれたシーンによっては「本日はありがとうございました」など、お礼の言葉に置き換える方が適切な場合があります。

■「お疲れ様」と「ご苦労様」の言葉の由来

「お疲れ様」も「ご苦労様」も相手の労をねぎらう言葉です。「ご苦労様」は古くから利用されていた言葉ですが、実は、「お疲れ様」は比較的新しい言葉。言葉の由来は方言から来ています。そもそもは、「おはようございます」「こんにちは」などの挨拶語が由来です。「ご苦労様」が目上の人から目下の人へ使う言葉なため、目下の人が気軽に挨拶をし、相手を労れる言葉はないかと「お疲れ様」が広く使われるようになり定着しました。

次のページ「お疲れ様」と「ご苦労様」の例文をチェック!

関連記事

新着記事

もっと見る

HOT TOPIC話題のコンテンツ[PR]

注目キーワード

電話・メールの人気記事ランキング

  • 新生活準備応援クーポン特集


    ピックアップ [PR]