契約社員と派遣社員・正社員の違いとは? 働き方とメリット・デメリットを比較!

2017/02/03

対人マナー

契約社員と派遣社員・正社員の違いとは? 働き方とメリット・デメリットを比較!

就職活動、転職活動をするにあたって、知っておきたい「正社員」と「契約社員」「派遣社員」の違い。契約社員・派遣社員としてオファーをもらったけれど、応じてもいいものなのか? 正社員と契約社員・派遣社員の違いについて、しっかりと知っておかないと、自分をステップアップさせるための就職や転職で「こんなはずではなかった……! 」なんてことになりかねません。もちろん、文字通り「雇用契約期間の有無」が最大の違いのひとつですが、その他ではどういった違いがあるのでしょうか?

今回は、契約社員と派遣社員、正社員の違いを解説します。しっかり確認して就活・転職に活かしましょう!

▼こちらもチェック!
嘱託社員とはどういう意味? 契約社員・正社員との違いを知ろう

◆契約社員とは?

一般的に契約社員とは、雇用期間が限定される従業員のことをいいます。
正社員として雇用されれば、解雇または自主退職をしない限り、ずっとその企業で働くことができます。一方で契約社員は、雇用契約時に契約期間が定められます。期間が終了するときに、契約を更新しなければ別の企業への転職することも。この契約は「有期限雇用契約」の場合のことをいいます。企業によっては、準社員、嘱託、非常勤や臨時社員も契約社員に含まれる場合もあり、雇用契約条件をよく確認する必要があります。

◆派遣社員とは?

派遣社員とは、実際に働く企業ではなく、人材派遣会社(派遣元)と雇用契約を結ぶ働き方のことを言います。派遣社員として働くには、まずは人材派遣会社への派遣登録が必要になりますが、この派遣登録だけでは雇用契約を結んだことにはなりません。実際に派遣先での勤務が始まったときに派遣元との雇用契約が成立することになります。また、仕事をする上での指示や命令は派遣先の企業から出されますが、給与や福利厚生は派遣元から出されます。勤怠管理についても派遣元が行います。

次のページ契約社員と派遣社員の違いとは?

関連記事

新着記事

もっと見る

HOT TOPIC話題のコンテンツ[PR]

注目キーワード

  • 新生活準備応援クーポン特集


    ピックアップ [PR]