2021年02月19日 更新

一人暮らしでも楽しめる、おしゃれで楽しいおうちキャンプの簡単アイデア

外出が自粛される時期だからこそ、おうち時間を楽しむ工夫を。家にいながらにしてアウトドア気分が味わえると人気の「おうちキャンプ」のコツや、おすすめグッズをご紹介します。

外出が自粛されるこの時期はストレスが溜まりがち。そこで、家の中でも外で過ごしているような気分を味わえる「おうちキャンプ」がおすすめです。普段はキャンプをしない、アウトドアが苦手という人も、家の中なら手軽にキャンプ気分を楽しめます。さらに、最近のアウトドアグッズはおしゃれなものが多いのもポイント。家にいる時間が楽しくなる、おうちキャンプのアイデアとグッズを紹介します。

一人暮らしでもできる、おうちキャンプの楽しみ方

近年、キャンプブームが続くなか、新たに注目を集めているのが「おうちキャンプ」。その名の通り、自宅でキャンプ気分を味わおうということですが、その方法はさまざま。一人暮らしでも簡単にできるおうちキャンプの楽しみ方もたくさんあります。

1)まずは食から! キャンプ飯

キャンプといえばまずは“キャンプ飯”。とはいえ手の込んだ料理をするのはハードルが高いという人におすすめなのが、キャンプ用の食器や調理器具で雰囲気を味わうことです。1,000円以下の食器や、炊飯から煮込みまでできる鍋など、キャンプ飯の道具は種類も豊富。しかもおしゃれで丈夫なので日常使いにも最適です!
edo.908さんは、アウトドア用の調理器具メスティンを愛用。固形燃料1つで簡単にご飯が炊けてしまうので、キャンプ飯初心者にもぴったり。こうしたアウトドア用の飯合は白米を炊くほかにも、炊き込みご飯や煮込み料理など、汎用性が高いのもポイントです。

キャンプ飯は食事だけではありません。「アウトドアといえばコーヒー」というくらい、コーヒーはキャンプに欠かせないもの。kimuco_kitchenさんは、ベランダで自分で焙煎して挽いた豆を使ってコーヒーを淹れ、おうちキャンプを楽しんでいます。今は少量から焙煎できる自宅用のロースターもあります。アルコールランプ式のものなら、ベランダで豆を焙煎することもできるので、より一層キャンプ気分が高まりそうですね。

2)噂のベランピング

アウトドア好きだけでなく、おしゃれな人たちの間で注目されているのがベランピング。グラマラス(Glamorous=魅力的な)とキャンピング(Camping=キャンプ)からできた造語「グランピング」を、ベランダでやるというもの。自粛生活で家にこもりきりな人は、ベランダにでて開放的な時間を過ごしてみませんか。
cocoroom88さんは、アウトドア用のチェアをベランダで使用。ランタンの灯りに癒やされながらワインを飲んでおうちキャンプを楽しんでいるそう。ロマンチックで素敵ですね。
kimuco_kitchenさんはフード付きのカセットコンロを使ってベランダで簡単バーベキュー。季節の野菜や肉を焼くだけで、いつもの食事がワンランクアップしますね。
ただし、集合住宅の場合ベランダで火を使うことを禁止している場合があるので、建物のルールを確認しましょう。また、火の始末やニオイなどにも注意してご近所迷惑にならないようにすることも大切です。

3)インテリアにもアウトドア製品を

おうちキャンプを盛り上げてくれるのが、アウトドア用のインテリア製品。最近は家の中でも使いたくなるおしゃれなものがたくさんあるので、インテリア好きにもおすすめです。
  • ランタン

キャンプ好きのhunt19225さんは、キャンプができない日はランタンでおうちキャンプを楽しんでいるそう。ランプの暖かな光が気持ちを癒してくれそうです。
rin_kei_884さんは、テレビや家の照明を消しランタンを灯して、おうちキャンプを楽しんでいます。窓を少し開けて、ランタンの揺れる灯りと、外の空気や虫の声を感じるだけで癒やされるそうです。ぜひ真似してみたいですね。

アウトドア気分を満喫できるおすすめのアイテム紹介

おうちキャンプをはじめるにしても、一人暮らしの限られた空間では大きな道具や家具を買うのは難しいですよね。そこで、一人暮らしにおすすめな、おうちキャンプにぴったりのアイテムをご紹介します。

1)料理が楽しくなるメスティン

キャンプ飯を楽しみたい一人暮らしにおすすめの調理道具がスウェーデンのトランギア社が作っている「メスティン」。アルミ製で熱伝導率がいいので、ご飯を炊いたり、パスタを茹でたり、煮込み料理をしたりと、アイデア次第でさまざまな使い方ができる便利なアイテムです。
日頃からメスティンを愛用しているedo.908さん。旬の食材を使ったおこわやピラフを炊いたり、煮込み料理をしたりするほか、なんとパンまで焼いてしまうのだとか。料理が楽しくなりそうですね。

メスティン(trangia)

¥1,600(税抜)
重量:150g/サイズ:17×9.5×6.2cm/容量:750mℓ

2)INOUTの絵になるコーヒードリッパー

コーヒー関連のグッズを購入するなら、INOUTの「Single Coffee Dripper Stand」がおすすめ。INOUTは部屋で過ごすスタイルをそのままフィールドに持ち出すということをテーマに、さまざまアイテムを展開しているブランド。紹介するコーヒードリッパーは収納用の木箱がそのままスタンドになります。ガラスドリッパー、耐熱ビーカー、緩衝材にもなる厚手のクロスがすべてこの木箱に収納できるので、収納や持ち運びにも便利です。

Single Coffee Dripper Stand(INOUT)

¥20,000(税抜)
サイズ:W144×D150×H185(ドリッパー設置時H245)

3)人気のベアボーンズのLEDランタン

最近、インテリアグッズとしてアウトドア用のランタンを飾る人が増えているのだとか。なかでもBAREBONES(ベアボーンズ)のランタンはLEDライトを使用しているため、集合住宅でも安心して使えると人気です。室内はもちろんベランダに置いて音楽を聴きながらお茶を楽しんだりと癒やしの時間にぴったりです。

4)インテリアにも馴染むスノーピークのおしゃれなアウトドアチェア

もっと本格的におうちキャンプを楽しみたいという人には、アウトドア用の家具がおすすめ。特にアウトドア用のチェアは折りたたみができるものが多いので、一人暮らしの限られた空間でも邪魔になりません。持ち運びも便利なので、室内でもベランダでも好きな場所に簡単に置けるのが嬉しいですね。

ローチェア30(スノーピーク)

¥16,000(税別)
サイズ:58×65×86(h)cm

Take!チェア ロング(スノーピーク)

¥19,800(税別)
サイズ:59.5×80×95(h)cm(シート高36cm)

5)折りたためる便利なシェルフ

アウトドア用の家具は持ち運びができるように分解できたり、折りたためたりするものが多いのが特徴。ベランピングの際に料理やランタンを置くのに活躍してくれるのがUNIFLAME(ユニフレーム)の「フィールドラック」。折りたためるだけでなく重ねて使うことができるので収納力も抜群です。軽いので女性でも簡単に持ち運べるのも嬉しいポイントです。

フィールドラック(UNIFLAME)

¥4,500(税込)
サイズ:使用時:約60×35×23(高さ)cm
収納時サイズ:約60×35×1(厚さ)cm

まとめ

アウトドアは苦手、キャンプはやったことがないという人も、今回ご紹介した方法やアイテムならば、普段の生活に取り入れることができそうですよね。家で過ごす時間が増えている今、アウトドアの魅力的なエッセンスを取り入れて、おうち時間をより快適で楽しいものにしてみませんか。

関連する記事 こんな記事も人気です♪

合わせて読みたい

アウトドアグッズはインテリアに活用できる! 場所別の取り入れるポイントも紹介

アウトドアグッズはインテリアに活用できる! 場所別の取り入れるポイントも紹介

アウトドアグッズをインテリアに上手に取り入れれば、毎日キャンプ気分を味わえるお部屋を作れます。おしゃれでかっこいいアウトドアグッズ活用のポイントを解説していきます。
とりぐら編集部
2020.11.26
ウッディな家具が味わい深い。コーヒーと音楽が似合う1DK

ウッディな家具が味わい深い。コーヒーと音楽が似合う1DK

一人暮らしの部屋の実例をご紹介。今回取り上げるのは、1DKの賃貸アパートに暮らす_mochi56_さん。実家などで使っていたウッディな家具を活用しながら、愛犬と共に丁寧なライ...
とりぐら編集部
2020.04.24
海外アパートメントがコンセプトの、個性が光るワンルーム

海外アパートメントがコンセプトの、個性が光るワンルーム

一人暮らしの部屋の実例をご紹介。今回取り上げるのは、関西地方のワンルームに暮らすcha_so_さん。海外アパートメントの雰囲気を目指したインテリアは、どこを切り取っても映画の...
とりぐら編集部
2020.04.24
BeforeAfter! ”NEWルーティーン"でもっと充実した毎日に ~都内在住 ゆかさん編~

BeforeAfter! ”NEWルーティーン"でもっと充実した毎日に ~都内在住 ゆかさん編~

平日は派遣社員として働きながら都内で一人暮らしをしている27歳の女性の暮らしに密着! 既に趣味ややりたいことがたくさんある生活をさらに豊かにするために、とりぐら編集部が新しい...
とりぐら編集部
2021.04.16
とりぐら読者の『一人暮らしインテリアに関する悩み』をインテリアコーディネーター・MAKOが解決!

とりぐら読者の『一人暮らしインテリアに関する悩み』をインテリアコーディネーター・MAKOが解決!

とりぐら読者から寄せられた『一人暮らしのインテリアに関する悩み』をインテリアコーディネーター・MAKOさんがプロならではの視点で解決する新連載。第1回目は、理想のお部屋を作る...
MAKO
2021.04.06

この記事のキーワード

この記事のライター

とりぐら編集部 とりぐら編集部

注目の特集

ひとりぐらしのはじめかた
お部屋をのぞきみ
ひとりぐらしレシピ