2022年04月30日 更新

一人暮らしのインテリアはテイスト決めから! 実例から取り入れてみよう

念願の一人暮らし、どうせなら自分の好みをぎゅっと詰め込んだ理想のインテリアに囲まれて暮らしたいものです。今回のテーマは「一人暮らしのインテリア」。インテリアコーディネートの基本や人気のテイストごとのポイント、インテリア実例をご紹介していきますよ!

住む場所や家具、生活費……一人暮らしに関する悩みはたくさんありますが、部屋づくりもそのひとつ。なんとなくの理想はあっても、どんなインテリアを置いて部屋をまとめるか決めかねている人も多いのではないでしょうか。
今回はそんな悩みを持つ一人暮らしの人向けに、さまざまなテイストのインテリア&部屋づくりの方法とその実例をご紹介! 好みのテイストを見つけて、理想の部屋づくりの参考にしてみてくださいね♪

インテリアのポイント

テイスト別のインテリア実例を紹介する前に、部屋づくりの基本を押さえておきましょう!

テイストを決める

一人暮らしの部屋づくりは、まずはテイストを決めるのがポイント。ここを曖昧にしたままだと、インテリアの方向性がブレてしまうので要注意です。
欲をいえば、物件を選ぶ時点で理想のテイストに合う部屋を探すとよりベターです。特にインテリアの印象を大きく左右する、部屋のなかでも専有面積の大きい壁や床はしっかりこだわりたいところ。気に入った賃貸の床の色がテイストと異なる場合は、ラグやフロアマットなどを敷いてイメージを変えるのもひとつの手です。
また、ソファーやテーブルといった大型家具も部屋の印象に関わります。大型家具だけ最初に選んでおくなど、インテリアの大まかなイメージを早い段階でつくると、そのあとのコーディネートがスムーズになりますよ◎

家具家電はテイストを決めてから少しずつ増やしていく

一人暮らしの部屋づくりでは、大型家具以外の雑貨や小物はバランスを見ながら少しずつ増やしていくのが鉄則!
気に入った家具や小物を見つけたらその場で買いたくなってしまいますが、そこはぐっと我慢。いきなりたくさんのアイテムをそろえてしまうと、インテリアの統一感を損なったり、サイズが合わなかったり、必要のないアイテムだったということもあるので注意が必要です。

【テイスト別】一人暮らしのインテリア実例

インテリアと一口にいっても、そのテイストはさまざま。ここからは、テイスト別の一人暮らしにおすすめなインテリア実例を紹介していきます。

ナチュラルインテリア

あたたかみのあるやわらかな雰囲気が魅力的なナチュラルインテリア。コーディネートする際は、白やベージュ、アイボリーなどの淡いカラーで部屋を統一すると雰囲気をつくりやすいです。家具や小物は、木味が楽しめる自然素材がおすすめ◎ 白と木材の色味の組み合わせが、ぐっとナチュラルな印象を演出してくれますよ。
観葉植物などのグリーンのアイテムもインテリアのアクセントになってくれるので、ナチュラルな一人暮らしの部屋をつくるときはぜひ試してみてくださいね。

ホワイトインテリア

光を多く反射して空間を明るく見せてくれるホワイトインテリアは、広々とした清潔感のある部屋をつくるのにぴったりです。スペースが限られていることが多い一人暮らしの部屋にはうれしいポイント!。
その名のとおり白を多用するホワイトインテリアは、どうしても単調な印象になりがち。グレーやベージュなど、明るめの色味をプラスしたり、同じ色味でも違う素材のアイテムを取り入れたりして、白系統のカラーのなかでもメリハリをつけましょう。

北欧風インテリア

シンプルでどこかほっこりできる北欧インテリアの部屋づくりの基本は、ナチュラルインテリアにも共通する「白やベージュのナチュラルカラー+自然素材アイテム」です。ですが、ここに差し色としてビビッドな色味や大胆な北欧らしい柄を加えることで、一気に雰囲気が高まります。
北欧家具を意識したシンプルかつスマートな佇まいの家具を意識して取り入れると、さらに洗練されたな印象のおしゃれな部屋がつくれますよ。

モダンインテリア

海外のホテルを彷彿とさせる、シックで高級感あふれる雰囲気がおしゃれなモダンインテリアは、白や黒、グレーなどの無彩色を多用するのがポイントです。色味を抑えることでスタイリッシュな一人暮らしの部屋をつくることができますよ。
モダンインテリアでは、部屋のアイテム数をできる限り厳選することが大切。シンプルなインテリアにお気に入りの小物をプラスすれば、シャープな雰囲気をより演出できるうえに、自分好みの部屋に近づくかも。

カフェ風・ヴィンテージインテリア

カフェ風・ヴィンテージインテリアの部屋づくりで重要なのは、なるべく生活感を出さないこと。調味料や洗剤などの生活雑貨はラベルを隠す専用カバーを取り付けたり、容器を入れ替えるよう心掛けましょう! そうすると、カフェテイストならではの「非日常感」を演出することができます。
また、カフェ風・ヴィンテージテイストと相性のよいカゴなどを収納アイテムとして取り入れたら、部屋が片付くだけでなく、インテリアのアクセントになってくれます。

モノトーンインテリア

クールな雰囲気が魅力のモノトーンコーデ。部屋の基本カラーは白黒ですが、この2色だけでインテリアをつくると無機質な印象になりがちです。また、色の差がありすぎて目が疲れてしまう可能性も。
差し色としてグレーやベージュを取り入れたり、柔和な印象のファブリックや木製の家具を選んだり、やわらかなテイストを加えると、バランスのよい部屋に◎

ガーリー・フェミニンインテリア

一口にガーリー・フェミニンインテリアといっても、実は系統はさまざまです。
大人女子らしいインテリアでまとめるなら、くすんだ色合いのピンクや紫をポイントで使うのがおすすめ! カントリー系のナチュラルかわいいインテリアは、ギンガムチェックや赤や白のカラーコーデがよく合います。
系統がいろいろあるテイストのインテリアづくりは、自分の好みをしっかり把握してから慎重にコーディネートを進めていきましょう。

好きなインテリアで自分らしい暮らしを実現しよう

長い時間を過ごす一人暮らしの部屋だからこそ、妥協せずに理想のインテリアで部屋づくりをしていきたいものです。いろいろお部屋を見比べて、まずは自分好みのテイストを探してみてくださいね!
※掲載の価格、商品スペック等は掲載時の情報です。

関連する記事 こんな記事も人気です♪

合わせて読みたい

もっとおしゃれな部屋に! リメイクシートとポストカードで、賃貸でもできる大胆イメチェン

もっとおしゃれな部屋に! リメイクシートとポストカードで、賃貸でもできる大胆イメチェン

素敵なお部屋の実例をご紹介。今回ご紹介するのは、6.2畳1Kで一人暮らしするpon_room.sさん。壁や床にリメイクシートを施したり、ポストカードを壁に飾り、自分好みのおし...
とりぐら編集部
2022.07.26
用途別に使いたい! 一人暮らしにあると便利なテーブル3選

用途別に使いたい! 一人暮らしにあると便利なテーブル3選

素敵なお部屋の実例をご紹介。今回ご紹介するのは、6.2畳1Kで一人暮らしするpon_room.sさん。お部屋には複数のテーブルがあり、シーンに合わせて使い分けることで快適な生...
とりぐら編集部
2022.07.26
ホテルのようにシンプル&清潔感があるけどアート性のある一人暮らし部屋の作り方

ホテルのようにシンプル&清潔感があるけどアート性のある一人暮らし部屋の作り方

素敵なお部屋の実例をご紹介。今回ご紹介するのは、6.2畳1Kで一人暮らしをするpon_room.sさん。ホテルのようにリラックスして過ごせる、モノが少なくシンプルにまとまった...
とりぐら編集部
2022.07.26
折りたたんでしまっておける! 一人暮らしのお部屋で重宝するアイテム

折りたたんでしまっておける! 一人暮らしのお部屋で重宝するアイテム

素敵なお部屋の実例をご紹介。今回ご紹介するのは、6畳1Kで一人暮らしをするaya_style55さん。収納にも便利な折りたためる家具を取り入れることで、スペースを有効に使い、...
とりぐら編集部
2022.07.26
こんなモノも有効活用!? 狭い部屋をスッキリ見せる収納アイデア

こんなモノも有効活用!? 狭い部屋をスッキリ見せる収納アイデア

素敵なお部屋の実例をご紹介。今回取り上げるのは、都内の6畳1Kで一人暮らしをするaya_style55さん。コンパクトなお部屋でも快適に過ごせるよう、アイテム選びや収納方法を...
とりぐら編集部
2022.07.26

この記事のキーワード

この記事のライター

とりぐら編集部 とりぐら編集部

注目の特集

ひとりぐらしのはじめかた
お部屋をのぞきみ
ひとりぐらしレシピ