2019年06月05日 更新

流行りの「リゾートインテリア」実例! 一人暮らしの部屋をハワイ・西海岸・バリ風に

最近人気のお部屋のテイストといえば、「ハワイ」や「西海岸」「バリ」といった南国のリゾートスタイル。心地よい風や海を思わせるインテリアでお部屋を飾れば、手軽にリゾート空間を演出できます。色使いやインテリア雑貨に注目しながら、流行りの「ハワイ」「西海岸」スタイルのお部屋をご紹介します。

@aloha_kaoren Instagramより

@aloha_kaoren Instagramより

ナチュラルな素材でハワイを演出

「ハワイ」と聞いて何を連想しますか? 白い砂浜に青い海、豊かな自然に爽やかな日差し……その印象を色として取り入れるのがハワイアンテイストへの近道。つまり、「白」をベースに部屋全体をまとめ、「青」「緑」「ナチュラルなウッド」のインテリアを組み合わせると、開放感あふれる常夏のハワイを演出することができるのです。

ボヘミアンとMIXしてリゾート感UP

白を基調にして、ラグの「青」、観葉植物の「緑」、そして家具の「ナチュラルなウッド」でまとめられたyumia220さんのお部屋は、まさにハワイアンテイストのお手本。ハワイを感じさせるサンセットビーチのタペストリーと、トロピカルなボヘミアン調のラグの組み合わせも絶妙です!
@yumia220 Instagramより

@yumia220 Instagramより

流木を使ってほっこりする空間を

照明にもこだわりが見えます。クールな印象をあたえてしまう無機質なスチール製のものではなく、ナチュラルで温かみのある流木を使用。おしゃれでマリンテイストな空間が演出されています。また、テーブルやベッドといった家具が背の低いものでまとめられているのもポイント。部屋に視線のヌケをつくりだし、限られたスペースを広く見せるテクニックもお手本になりますね!
@yumia220 Instagramより

@yumia220 Instagramより

家具も小物も白×ナチュラルで統一

家具や壁にかけられた小物もすべてナチュラルでウッディーなもので統一。「かわいい!」「形がスキ!」などの衝動もありますが、部屋のイメージを崩さないような素材感や色を意識して買い物をするもの重要です。yumia220さんのお部屋のように、アクセントをボヘミアン調のファブリックにするものおしゃれ。
@yumia220 Instagramより

@yumia220 Instagramより

西海岸はブルーの差し色が決め手!

海辺のリラックスしたマリンスタイルが西海岸テイストの部屋の特徴です。ホワイト・ブルー・ブラウンのカラーを取り入れるのがコーデの基本ですが、部屋の印象を決めるソファーやベッド、壁紙といった面積の大きい家具やファブリックをデニム生地にしたりブルーにするのが主流です。

濃淡をつけてトロピカルな印象に

ホワイトベースに、ブルーの濃淡が効いたryooooo0621さんのお部屋。壁の一部は薄いブルー、ソファはデニム調、ラグは濃いブルーがチョイスされ、質感や素材の異なるブルーでセンスよくまとめられています。ヤシの木やモンステラの緑もトロピカルな南国の雰囲気にぴったり!
@ryooooo0621 Instagramより

@ryooooo0621 Instagramより

ビーチグッズをインテリアに追加

インスタで話題になったラウンド型のビーチタオルは、インテリアにもおすすめ。お部屋にトロピカルな海辺の雰囲気をプラスでき、ベッドやソファーにかけるだけで西海岸スタイルを手軽に演出できます。aloha_kaorenさんのお部屋のように、ピンク系のビーチタオルをセレクトすればロマンチックな印象に仕上がります。
@aloha_kaoren Instagramより

@aloha_kaoren Instagramより

リゾート空間を引き立てる優秀アイテム

「ハワイ」「西海岸」テイストのお部屋づくりに欠かせないインテリア雑貨。ここ最近、南国リゾート風の部屋が流行っているため、雑貨も豊富でハードルは決して高くありません。また、ベッドやソファといった大きい家具を改めて購入する必要もなく、比較的安価な小物やファブリックだけでも十分テイストを変えることが可能です。海を感じさせる開放的な部屋づくりにおすすめのアイテムをチェックしてみましょう。

観葉植物はフェイクを活用すべし

観葉植物の緑は、「ハワイ」でも「西海岸」テイストでも欠かせないインテリアのひとつです。なかでも、一人暮らしでおすすめなのは、本物そっくりのフェイク観葉樹。園芸用品を買い足す必要もなく、水やりの手間もかからず、枯らしてしまう心配もありません。鉢付きタイプならテレビなど生活感が出てしまう場所や窓辺に、葉だけなら壁にディスプレイしても◎。
@aloha_kaoren Instagramより

@aloha_kaoren Instagramより

インテリアとして観葉植物を飾る場合は「高さ選び」が重要です。観葉樹を置きたい場所に家具がある場合は、その家具と同じくらいの高さになるものをチョイスしてみましょう。




海を感じるモチーフをチェック

海を感じさせるインテリアの代表といえばサーフボード。お部屋に立て掛けるだけでサマになりますが、存在感があるためチョイスが難しく置くスペースも必要です。予算もあまりかけず、手取り早くそろえるなら、サーフボードをモチーフにしたテーブや小物が堅実。
@aloha_kaoren Instagramより

@aloha_kaoren Instagramより

@aloha_kaoren Instagramより

@aloha_kaoren Instagramより

aloha_kaorenさんのお部屋の一角。サーフボードテーブルをさりげなくサイドテーブルに使ったり、ディスプレイにも海を感じさせる小物が!




ラタンで手軽にリゾートを空間を

エキゾチックな雰囲気をプラスするならラタンも◎。ソファなどの大物をそろえると予算もスペースも必要なので、最初はコースターやクッションなどの小物からトライしてみましょう。アジアンテイストのお部屋にもマッチしますよ。
@aloha_kaoren Instagramより

@aloha_kaoren Instagramより

ラタンのコースターなら手頃で色も形さまざま。クッションもバリエーションがあるので、用途や好みで取り入れてみましょう。




流木のアレンジで個性を活かす

ナチュラルで温かみのある流木は、今やインテリアの主流になっています。時間とともに潮風にさらされた木材は、味わいがあり形や長さもまちまち。ライトを吊るすもよし、タペストリーとしてディスプレイするもよし、ただ立て掛けるもよし……。流木の個性を活かしたアレンジが楽しめますよ。
@onelife.art Instagramより

@onelife.art Instagramより

onelife.artさんのお部屋の流木は、ディプレイとしてアレンジされています。風合いのある流木は、アンティークなものやグリーンとの相性も抜群です。ぜひお手本に!




貝殻やサンゴでマリンインテリア

お部屋に夏を運んできてくれるモチーフといえば貝殻やサンゴ。ロマンチックに飾るならピンク系、シンプルに組み合わせるなら白など、目指す部屋のイメージに合わせてチョイスしてみましょう。
@onelife.art Instagramより

@onelife.art Instagramより

お皿やビンにまとめるだけで、おしゃれにきまる貝殻。onelife.artさんのように、海のモチーフの流木との組み合わせも涼しげで素敵ですね。




造花でカラフルにアクセントを

玄関やチェストの上など、お部屋の一角にあるとぐっと華やぐ造花のインテリア。カラフルな色でコーデすれば、南国リゾート感を演出できます。お花の種類もさまざまですが、ハワイやバリ風を目指すなら「プルメリア」や「ロータス」がおすすめです。
@mayumin_20141101 Instagramより

@mayumin_20141101 Instagramより

mayumin_20141101さんは、カラフルな「プルメリア」でディスプレイ。ラタン調のトレイやグリーンと組み合わせると南国ムードをさらに引きたてます。




シンプルな壁に常夏感をプラス

ちょっとデコるだけで味気ない白壁に表情が生まれ、お部屋のセンスアップにもつながるウォールデコレーション。盛りすぎは下品になってリゾート感を損なうこともあるので、玄関やお部屋の一部のアクセントとして飾ってみましょう。

@mayumin_20141101 Instagramより

@mayumin_20141101 Instagramより

洗面所の一角をブラウンのアートパネルと造花を飾ればバリのリゾート風なウォールデコレーションが出来上がります。サンゴや貝殻を飾れば、ハワイや西海岸風にもアレンジできますよ。


まとめ

旬のリゾートインテリアはいかがでしたか。特に「ハワイ」「西海岸」のテイストは、お馴染みになったため、アイテムも手に入りやすくとっても充実していますよね!
まずは、お部屋の一角を変えるもよし、これからの季節、海を感じる開放的なリゾート空間へお部屋を丸ごと模様がえするもよし。 ゆったり寛げるお部屋をつくってみましょう。

関連する記事 こんな記事も人気です♪

合わせて読みたい

「白いお部屋」に住みたい! おしゃれなホワイトインテリアコーデのコツ

「白いお部屋」に住みたい! おしゃれなホワイトインテリアコーデのコツ

「白いお部屋」は女子の永遠の憧れ♪ 白を基調としたインテリアは、お部屋が明るく広く見えて、どんなカラーにも合うから幅広いコーディネートが楽しめる、人気のスタイルです。今回は、...
とりぐら編集部・ぐら
2019.06.10
一人暮らしでもできる「グレーインテリア」! クール&大人かわいいアイデア実例

一人暮らしでもできる「グレーインテリア」! クール&大人かわいいアイデア実例

インテリアのカラーをグレー系で統一する「グレーインテリア」が流行っています。そこで、Instagramで見つけた一人暮らしでもすぐに取り入れられるグレーインテリアのアイデアを...
とりぐら編集部・ぐら
2019.06.03
「塩系インテリア」が一人暮らしの部屋をワンランクあげる! すっきり&おしゃれなコーディネート実例集

「塩系インテリア」が一人暮らしの部屋をワンランクあげる! すっきり&おしゃれなコーディネート実例集

最近「塩系インテリア」という言葉をよく耳にします。それは「塩系男子」同様、すっきりとして生活感がなく、武骨で飾らないインテリアのこと。具体的には、どんなアイテムをどのように取...
とりぐら編集部・ぐら
2019.05.31
【6畳1Kレイアウト実例】「ナチュラル」コーディネートがニッセンでつくれる

【6畳1Kレイアウト実例】「ナチュラル」コーディネートがニッセンでつくれる

6畳一間を専門にインテリアを展開している「ニッセン」では、お手頃で組み合わせしやすい家具や雑貨をたくさん揃えています。今回は、心落ち着く「ナチュラル」な部屋を作るコーディネー...
とりぐら編集部・ぐら
2019.03.31
【6畳1Kレイアウト実例】「北欧風」コーディネートがニッセンでつくれる

【6畳1Kレイアウト実例】「北欧風」コーディネートがニッセンでつくれる

6畳一間を専門にインテリアを展開している「ニッセン」では、お手頃で組み合わせしやすい家具や雑貨をたくさん揃えています。今回は、一人暮らしのワンルームを今人気の「北欧風」にする...
とりぐら編集部・ぐら
2019.03.29

この記事のキーワード

この記事のライター

とりぐら編集部・ぐら とりぐら編集部・ぐら