2019年10月21日 更新

1K6畳の狭い部屋でもおしゃれで快適なインテリアを作るコツ

憧れの一人暮らし! あれもこれもと想像していたけど、現実は思ったよりも狭い部屋で工夫をしなければいけない人も多いのではないでしょうか。小さな部屋でも工夫次第で広々と感じるお部屋にできます。今回はその方法をご紹介します。

自由に自分の趣味嗜好をそのまま部屋に反映できるのが一人暮らしの魅力ですが、部屋が狭いとなかなか思い通りにいかないこともしばしば。
おしゃれに見せるコツはたくさんありますが、まずは狭い部屋を広々快適につかう基本の3つについてご紹介いたします。

テーマに沿ったインテリアの色を統一させよう

色の統一感を演出

 (28628)

部屋作りの基本は、部屋のテーマやテーマカラーを決めることです。

まずはSNSや雑誌などで自分の好みの部屋を知りましょう。たくさん見ていくとどんな素材やカラーを使いたいかが明確になってきます。しっかりイメージをふくらませるのが大切です。
自分が好きなインテリアの傾向や雰囲気を知り、テーマを決めれば、自然とテーマカラーや選ぶ家具の系統なども決まってきます。

我が家では塩系インテリアをテーマにしているので、色素は薄めのブラウンを基調にホワイトとグリーンで構成しています。
 (28629)

色は3~4色に絞ります。5色以上は同系色ではない限り、統一感がなくなってしまうので気を付けましょう。

なにもテーマが決まっていない状態だと、様々なテイストがまざり合って、視界が混乱し快適とは言えない部屋になるのではじめにテーマを設定することをおすすめします。

淡色や白色を活用

 (28630)

部屋は白などの淡い色を基調とすると膨張して部屋が広く見えます。逆に濃い色を使うと更に狭く感じることもあります。

もしホワイトインテリアを使ったコーディネートにするときは、アクセントになるような色を加えたり、白でも様々な素材のものを使ったり、メリハリを付ける工夫をしましょう。そうすることでお部屋全体に動きができておしゃれな印象に。
 (28631)

我が家では床と布団を淡色系にしているので、ソファやドライフラワーはグリーン系を入れ、メリハリを演出しています。

低めの家具で広々効果

 (28632)

一人暮らしの部屋はワンルームや1Kのことが多く、スペースが限られています。そこに背の高い家具をたくさん入れてしまうと圧迫感のある印象に。
家具は低いもので揃えるのがおすすめです。

しかし、低い家具だけだと収納がたりないなど、理想通りにはいかないこともありますよね。そんなときは背の高い家具を入口側(部屋の手前)に置くようにしましょう。部屋に入ったときに視界に入る部屋の奥側に高さのある家具があると部屋が狭く感じてしまうためです。
背の高い家具は部屋の死角となるところに置くのが基本です。

部屋全体に余白を

 (28633)

部屋に余白があると部屋が広く見えるだけでなく、生活導線もスムーズに確保できるので掃除もしやすく散らかりづらいです。

小物などのディスプレイも余白を残すのがベスト。お気に入りのものがあると全部飾りたくなってしまいますが、選抜メンバーだけを飾るようにしましょう。季節ごとに飾るものをチョイスすれば簡単な模様替えのように気分転換にもなっていいですね。

どうしてもものが多くなってしまう場合は、カラーや素材、テーマなどに気を配って統一感があるものを選ぶようにしてみてください。

まとめ

一人暮らしの限られたスペースでも、快適に過ごせる工夫をすれば、一人暮らしがもっと楽しくなります。大事なことは、見栄えが良いことではなく「落ち着ける」「居心地がいい」と感じられる空間です。あなただけの特別な空間である一人暮らしの部屋をワンランク上のお部屋にしていきましょう。

関連する記事 こんな記事も人気です♪

合わせて読みたい

狭い部屋を広く見せるインテリアって? コーディネート術を専門家に聞いた!

狭い部屋を広く見せるインテリアって? コーディネート術を専門家に聞いた!

一人暮らしのお部屋は、1Rや1Kといったコンパクトな間取りが多いと思います。本音を言えばもうちょっと広いお部屋に引っ越したいけれど、今すぐにはムリかなあ……。そんな方に朗報!...
とりぐら編集部・ぐら
2019.07.04
透明感が美しい! 6畳の部屋を広く使う一人暮らしレイアウト&収納術

透明感が美しい! 6畳の部屋を広く使う一人暮らしレイアウト&収納術

6畳1間の部屋、狭くて理想の部屋作りには程遠い…と思っていませんか? 小さな部屋でもちょっとしたレイアウトや収納の工夫で広々と心地よく過ごすことができるんです。 そんなアイデ...
やま
2019.06.11
【6畳1Kレイアウト実例】「ナチュラル」コーディネートがニッセンでつくれる

【6畳1Kレイアウト実例】「ナチュラル」コーディネートがニッセンでつくれる

6畳一間を専門にインテリアを展開している「ニッセン」では、お手頃で組み合わせしやすい家具や雑貨をたくさん揃えています。今回は、心落ち着く「ナチュラル」な部屋を作るコーディネー...
とりぐら編集部・ぐら
2019.03.31
【6畳1Kレイアウト実例】「北欧風」コーディネートがニッセンでつくれる

【6畳1Kレイアウト実例】「北欧風」コーディネートがニッセンでつくれる

6畳一間を専門にインテリアを展開している「ニッセン」では、お手頃で組み合わせしやすい家具や雑貨をたくさん揃えています。今回は、一人暮らしのワンルームを今人気の「北欧風」にする...
とりぐら編集部・ぐら
2019.03.29
【6畳1Kレイアウト実例】「カフェスタイル」コーディネートがニッセンでつくれる

【6畳1Kレイアウト実例】「カフェスタイル」コーディネートがニッセンでつくれる

6畳一間を専門にインテリアを展開している「ニッセン」では、お手頃で組み合わせしやすい家具や雑貨をたくさん揃えています。今回は、一人暮らしのワンルームを今人気の「カフェスタイル...
とりぐら編集部・ぐら
2019.03.29

この記事のキーワード

この記事のライター

エヌケン エヌケン