適性検査練習問題&解答【非言語9】鶴亀算 練習問題3.【上級編】

適性検査練習問題&解答【非言語9】鶴亀算 練習問題3.【上級編】

2018/03/01

Webテスト・筆記試験

■問題

ボールペンと800円の万年筆を合わせて33本買ったところ合計金額は22800円だった。
しかし、後から確認するとボールペンと万年筆を予定の数とは逆に購入しており、予定通りに購入していた場合は20100円になっていたことがわかった。
本来の予定では万年筆を何本買う予定だったか。

A 12本
B 14本
C 16本
D 17本
E 21本
F 23本

■解答・解説

答え:A 

実際の金額と予定の金額を合計すると、
ボールペンと万年筆を33本ずつ購入したときの金額になる 

22800+20100=42900(円)
よってボールペンと万年筆1個ずつの金額は
42900÷33=1300(円)
万年筆は800円なので、ボールペンは500円

33本すべてボールペンを買った時の代金 500×33=16500(円)
予定の金額との差は 20100-16500=3600(円)

ボールペンと万年筆の金額差は300円なので
金額差を埋めるために必要な万年筆の数は
3600÷300=12(本)

ですので、本来買う予定だった万年筆の数は12本となります。

鶴亀算 練習問題一覧へ戻る

適性検査練習問題一覧へ戻る

おすすめ記事

Intern sp bnr d2 03

人気記事ランキング

新着記事

イベント

もっと見る

ページトップへ