【『吉野家の牛丼』現社長こだわりの食べ方は?】はじめての「『吉野家』おどおど」#あつまれ!_おどおど学生。

デジタル・コンテンツ・パブリッシング

お気に入り!

あとで読む

牛丼といえば『吉野家』です。学生読者の中にも、「『吉野家』しか行かない」という愛好家がいるのではないでしょうか。しかし、「一度も行ったことがない」という人もいるかもしれません。今回は、『株式会社吉野家』協力の下、「初めての『吉野家』」を楽しむ方法をまとめました。

⇒ 口コミグルメサービス「Retty」の「2022年に流行したグルメ」TOP3は?

▼「牛丼チェーン店」おどおど記事一覧
1. はじめての「すき家」おどおど
2. はじめての「松屋」おどおど

『吉野家』の特徴や魅力は?

『吉野家』は牛丼をメインに提供する牛丼チェーン店です。全国各地に店舗を展開しており、2022年11月現在で日本全国に1,196店舗あります。『吉野家』の歴史は古く、創業は1899年。なんと120年もの歴史があるのです。創業者の松田栄吉が吉野(奈良県)の桜が好きであったことから『吉野家』という名前になりました。

『吉野家』の魅力は「味へのこだわり」です。『吉野家』によると「代表メニューである牛丼は、牛肉、玉ねぎ、たれ、米、生姜のどれが欠けても成り立ちません。赤身と脂身のバランスの良い牛肉、甘みのある玉ねぎ、それらを強火でたれとともに煮込み、『たれどおり』の良い米にのせて、生姜を添える。そのすべてが活かされて『吉野家の牛丼』が生まれています」とのこと。ひと口食べるだけで「吉野家だ!」と分かる味は、こうした強いこだわりから作られているのです。

代表メニューはやっぱり「牛丼」!

『吉野家』といえばやはり「牛丼」ですが、他にもお勧めのメニューがあります。『吉野家』推薦のメニューは以下です。

吉野家イチ押しメニュー

1.牛丼

2.牛すき鍋膳(期間限定商品)

3.から揚げ定食

4.とん汁


5.スタミナ超特盛


『吉野家』によると「牛丼はもちろんのこと、大判肉を使った牛すき、肉厚ジューシーなから揚げは、丼と定食の2種類の提供方法をご用意しています。お好きな食べ方でお楽しみください。サイドメニューでは、寒い季節にピッタリなのが、具だくさんのとん汁です。また、スタミナ超特盛は、牛肉、豚肉、鶏肉と3種のお肉が入った、吉野家史上最大のボリュームです!」とのことです。「吉野家に行けばいつも牛丼を食べる」という人も、定番以外を試してみてもいいですね。

▼こちらの記事もおすすめ!
1.『富士そばおどおど』を解決 #魅力編
2.『ラーメン二郎おどおど』を解決 #食券購入編
3.『出前館おどおど』を解決

1

デジタル・コンテンツ・パブリッシング

デジタル・コンテンツ・パブリッシング

株式会社デジタル・コンテンツ・パブリッシング
編集プロダクション。コンテンツを制作する「よろず屋」です。取材をして原稿を書き、編集、校正を行って多くのWebメディアに納品しています。https://dcp.jp.net/

関連記事

「大学生活」カテゴリの別のテーマの記事を見る

おすすめの記事

編集部ピックアップ

学生の窓口会員になってきっかけを探そう!

  • 会員限定の
    コンテンツやイベント

  • 会員限定の
    セミナー開催

  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

一歩を踏み出せば世界が変わる無料会員登録

この記事に関連するタグ

あなたのきっかけを探そう

気になる #キーワード をタッチ

テーマから探そう

あなたへのきっかけが詰まった、6つのトビラ

会員登録でマイナビ学生の窓口をもっと楽しく!

閉じる
マイナビ学生の窓口に会員登録(無料)すると、
お気に入り機能などを利用してもっと便利にご活用いただけます!
  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催