夏フェス準備完全攻略! おすすめフェスや必要な持ち物、服装などを徹底解説 3ページ目

編集部:いとり

お気に入り!

あとで読む

■2017年に行きたい夏フェスまとめ


2017年夏フェスまとめ

一度は参加してみたい、いえ、した方がいい「夏フェス」をご紹介しましょう。


●7月28-30日開催 『Reborn-Art Festival 2017』

宮城県石巻市を中心に市街地から牡鹿半島までを使って、なんと51日間にわたって開催される「アート」「音楽」「食」を楽しめるお祭りです。7月28-30日は「Reborn-Art Festival 2017 × ap bank fes」があり、オープニングアクトを『Bank Band』が務め、『KICK THE CAN CREW』『水曜日のカンパネラ』と続きます。『Mr.Children』『エレファントカシマシ』といったビッグネームも登場しますので期待大です。

・開催:7月28-30日
・会場:『国営みちのく杜の湖畔公園北地区 風の草原』
・宮城県柴田郡川崎町大字川内字向原254
⇒『Reborn-Art Festival 2017』「Reborn-Art Festival 2017 × ap bank fes特設サイト」
http://www.reborn-art-fes.jp/apbankfes/


●7月28-30日開催 『FUJI ROCK FESTIVAL '17』

略称「フジロック」は、1997年夏に富士山麓・天神山スキー場を会場として開催されたのが記念すべき第1回。以来、夏フェスの代名詞として大量の観客を魅了してきました。フジロックこそ夏フェスのパイオニアなのです。ただの音楽祭ではなく、苗場の美しい自然に囲まれた場所で「参加者みんなと暮らす大きなお祭り」と言った方が雰囲気に合っているかもしれません。その自由で元気な空気は参加者にインパクトを与えずにはおきません。

・開催:7月28-30日
・『新潟県湯沢町苗場スキー場』
・新潟県南魚沼郡湯沢町三国202
⇒『FUJI ROCK FESTIVAL '17』
http://www.fujirockfestival.com/


●8月5-6日・8月11-12日開催 『ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2017』

「ロッキン」「ロッキンジャパン」と呼ばれる日本最大級の野外ロックフェスです。毎年8月に茨城県ひたちなか市で開催されており、夏フェスの代名詞となっている一大イベントです。「GRASS STAGE」から「HILLSIDE STAGE」まで7つのステージが用意されており、海浜公園ならではの海風を感じながら盛り上がることができます。大量ともいえるアーティストが参加しますのでお目当てのステージを見逃さないようにしましょう!

・開催:8月5-6日・8月11-12日
・会場:『国営ひたち海浜公園』
・茨城県ひたちなか市馬渡字大沼605-4
⇒『ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2017』
http://rijfes.jp/


●8月11-12日開催 『RISING SUN ROCK FESTIVAL 2017 in EZO』

北海道の夏フェスといえば、やはりこの「ライジングサン(略称RSR)」です。RSRも19周年を迎えすっかり定着した感があります。夏フェスの楽しみ方の一つにキャンプがてら出掛ける、というのがありますが、RSRではゲートの中にキャンプサイトがあり、ちょっと寝るなんてときにもゲート外に出る必要がありません。またRSRでは地元のバックアップでお祭りとしての盛り上がりもハンパなく、そこが大きな魅力となっています。

・開催:8月11-12日
・『石狩湾新港樽川ふ頭横野外特設ステージ』
・北海道小樽市銭函5丁目
⇒『RISING SUN ROCK FESTIVAL 2017 in EZO』
http://rsr.wess.co.jp/2017/


●8月19-20日開催 『SUMMER SONIC 2017』(千葉・大阪)

「サマソニ」の愛称で親しまれている夏フェスです。「TOKYO(千葉)」「OSAKA」の2つに分かれて行われ、それぞれ『ZOZOマリンスタジアム&幕張メッセ』と『舞洲SONIC PARK(舞洲スポーツアイランド)』が会場となります。サマソニの魅力は何といってもアクセスの良さ。また、参加アーティストが1日目は大阪、2日目は東京と(あるいは逆)、入れ替わり公演を行ってくれるので2日通すとほぼ全員のパフォーマンスが見られます(そうでないアーティストもいるので注意!)。コスパのいい合理的な夏フェスと言えるかもしれません。

・開催:8月19-20日(千葉)/8月19-20日(大阪)
・『ZOZOマリンスタジアム』(千葉)
 千葉県千葉市美浜区美浜1
・『幕張メッセ』(千葉)
 千葉県千葉市美浜区中瀬2-1
・『舞洲SONIC PARK』(大阪)
 大阪府大阪市此花区北港緑地2-2-15
⇒『SUMMER SONIC 2017』
http://www.summersonic.com/2017/


一度行くと「来年も行こう!」となる人がけっこう多い夏フェス。筆者の知り合いにも「さあ夏フェスだ!」とテントを用意してはや10年、というのが一人いますが、ハマる人は本当にハマってしまうのが夏フェスなのです。あなたも一生に一度は参加してみませんか?

(高橋モータース@dcp)

1 3

関連記事

「大学生活」カテゴリの別のテーマの記事を見る

おすすめの記事

合わせて読みたい

編集部ピックアップ

学生の窓口会員になってきっかけを探そう!

  • 会員限定の
    コンテンツやイベント

  • 会員限定の
    セミナー開催

  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

一歩を踏み出せば世界が変わる無料会員登録

あなたのきっかけを探そう

気になる #キーワード をタッチ

テーマから探そう

あなたへのきっかけが詰まった、6つのトビラ

会員登録でマイナビ学生の窓口をもっと楽しく!

閉じる
マイナビ学生の窓口に会員登録(無料)すると、
お気に入り機能などを利用してもっと便利にご活用いただけます!
  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催