アメリカ旅行にかかる費用はどれくらい? 飛行機代から持ち物、便利な最新サービスまで徹底解説! 3ページ目

編集部:いとり
2017/05/02
学生旅行
あとで読む
目次
  1. アメリカ旅行に必要なもの
  2. アメリカ旅行にかかる費用を具体的に確認しよう!
  3. ホテル、食費、移動などにかかる費用は?
〇ホテルにかかる料金

宿泊するホテルも、日本同様いろいろな形態のホテルが存在します。バックパッカーが集まるようなドミトリーから、チェーンホテルに名門高級ホテル、そして民泊施設(Airbnb)まで、種類やランクによって料金も変わります。


あらかじめパッケージ旅行でホテルが指定されている場合は、そのホテルの部屋に宿泊することになりますが、旅行代理店によっては追加料金でホテルのランクアップ、部屋タイプのグレードアップも可能です。しかし空室検索など旅行会社の担当者が行うため変更できない、部屋が空いていない、予想以上の追加料金になる、やりとりに時間がかかる、というデメリットもしばしばあります。

そこでおススメしたいのは、やはり自分自身で宿泊ホテルを決める、ということです。見たい観光地のすぐそばに立地している、空港に近くにある、宿泊してみたいホテルがある等自分の希望を優先できることがメリットです。

世界規模の宿泊サイト(ExpediaやBooking.com)もありますので宿泊の予約はすぐに自分の都合で好きな時間に取ることができます。もし万が一、飛行機のフライト時間や入国審査に時間がかかって目的のホテルまで到着できない場合も、フリーWi-fiで海外にいながらも予約の手配・変更・連絡ができます。

そして「もっとおもしろい旅にしたい!」という方には、民泊サイトでの宿泊の予約をおすすめします。格安の物件も探せばありますが、別荘やプール付きのヴィラ、都心のマンションの1室など多種多様の部屋を選ぶことが出来ますよ。

〇食事にかかる費用
現地での滞在日数が長ければ長いほど、ホテルの費用、食事の費用がかさみます。アメリカでの食事はファストフードやレストラン、スーパーでの買い物など選択肢は無限です。1食あたり5$~15$が相場ではないでしょうか。
「英語を話すのに自信がない」「観光で疲れた」「食あたり、胃もたれした」などの理由でホテル内レストランやルームサービス、宅配のピザを頼む(ホテルによる)などに頼ってしまうかもしれません。食費は旅行代金に計上されていないため、費用増の原因のひとつになるでしょう。

ニューヨークでは、日本のラーメンが1杯およそ20$ですので日本が恋しくなったらアメリカへ出店している日本のラーメン店を訪れるのもよいでしょう。また、レストランでは10%程のチップも必要ですので失礼のないように振舞うことをこころがけてください。

〇移動にかかる費用
こちらも、個人旅行を組み合わせたときに見落としてしまう費用のひとつです。空港からホテル、ホテルから観光地、観光地から観光地などでタクシーを利用する場合があるでしょう。タクシーも運転手との相性が合わない、言葉が通じるかどうか、ちゃんと目的地まで送ってくれるかなど、心配がつきませんね。

そこでこの移動費用をおさえるためにおすすめなのが、話題のタクシー配車サービス「UBER(ウーバー)」です。アメリカならでは、世界一のIT先進国の最先端のサービスを利用してみましょう! UBER(ウーバー)とは、スマートフォンのアプリから配車できるシステムで、2タップで手配可能です。自家用車を仕事に使っているドライバーもいるため呼びたいときに呼べば、あなたがいる場所に一番近い車をタクシーとして利用できます。支払いは事前登録した自分のクレジットカードです。降車ごとに現金を支払うことはないので小銭の心配もなしです。料金は、通常のタクシーと比べて2~4割安価だということです。

〇税金
アメリカ旅行にかかる費用、最後に忘れてはいけないのは、税金です。アメリカは各州、都市ごとに税金の税率や制度が異なります。基本的には、セールスタックス(Sales Tax:物品購入にかかる税)、ホテルタックス(Hotel Tax:宿泊税)、まれに外食税(Dining Tax:取らない都市もある)に税金がかかります。食事の際は、料理の合計額に税金プラスチップを払わなければならない場所もありますので忘れずに用意しましょう。

空港では、空港税や税関審査料、入国審査料など細々と税金がかかりますので出国する場合に現金(アメリカ$)を残しておきましょう。こちらも空港ごとに料金が異なります。

アメリカ旅行の費用は、あなたの「旅行プラン」で決まる

さあ、飛行機代、ホテル代、食事代、移動費、税金などアメリカ旅行の費用について簡単に説明してきましたが、あなたは自分の旅行をどのようにして組み立てますか? 海外旅行が初めてならば、旅行代理店の添乗員付きのツアーもありますし、現地でのオプショナル旅行へ参加するのもいいと思います。ここでご紹介した内容を参考に、是非、あなただけのオリジナルな「旅(Trip)」が楽しく思い出深い旅行になることを願います。

海外旅行傷害保険付き・楽天市場でのポイントも貯まる!
楽天カードをチェック【年会費無料】

※ただし出国前の交通費・海外旅行保険を楽天カードで支払う必要があります。

執筆者:つかさあおい(ナレッジ・リンクス)
学生の頃から趣味だった旅行は、いつしか仕事になりツアーコンダクター歴は15年。日本国内(47都道府県制覇)と海外(12カ国40都市)を旅するように。現在は旅行ライターとしてまだまだ日本人が知らない現地ネタを情報発信中。ディープでおもしろい国内旅行、その土地ならではの海外の歩き方をご紹介します。

関連記事

おすすめの記事

合わせて読みたい

編集部ピックアップ

「大学生活」のカテゴリを絞り込む

学生の窓口会員になるとこんなにお得!

  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    記事やイベント

  • 会員限定の
    セミナー開催

無料会員登録

あなたのきっかけを探そう

気になる #キーワード をタッチ

もっと見る

テーマから探そう

あなたへのきっかけが詰まった、6つのトビラ

会員登録でマイナビ学生の窓口をもっと楽しく!

閉じる
マイナビ学生の窓口に会員登録(無料)すると、
お気に入り機能などを利用してもっと便利にご活用いただけます!
  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催