今から学んでおきたい! 仕事が「デキる女」と「デキない女」をわける、話し方のポイント8選

編集部:はまみ
2016/07/18
学生トレンド
あとで読む


多くの女性が社会で活躍していますが、出世していくのはきっとそのうちのほんの一握り。もちろん、これは男性も同じですが、女性の場合は特に難しい面もありますよね。それでは、出世できそうな、いわゆる「デキる女」と、それとは逆の「デキない女」、この分かれ目はどの辺にあるのでしょうか? 今回は「話し方」という角度から、考えてみたいと思います。中央話し方教室の代表講師・栗原君枝先生に、話を聞いてみました。大学生のうちからデキる話し方を学んでおけば、就職活動はもちろん実際に社会に出てからも役立つはずですよ。

■自分の非を素直に認められるかどうか

「『仕事で成功しよう!』と頑張っている女性ほど、なかなか自分の非を認められないものです。そして、その気持ちは『言い訳』となって表れがち。しかしこれでは、周囲からの評価は逆に下がってしまうでしょう。素直に自分の非を認めて謝罪できる女性こそ、本当にデキる女だと思います」

■声の大きさもポイント

「男女に共通して言えることですが、声が小さい人はどうしても頼りない印象を周囲に与えてしまいます。特に女性の場合は声がもともと細い人も多いと思いますので、できるだけ大きな声ではっきりと話すように心がけましょう」

■話すスピードに工夫を

「『仕事ができそう』という印象を受けるのは、ゆったりと話す人です。もちろん、相手をイライラさせるほどゆっくり話していては仕事になりませんが、逆に早口なのも頼りない印象になってしまいます。仕事が忙しくて気が急いているときでも、できるだけゆっくり、わかりやすく話せるといいですね」

■プライベートと仕事で、話し方を使いわける

「女性の高い声は、恋愛などでは魅力的に聞こえ、プラスに働くかもしれません。しかし、ビジネスシーンでは高い声が『頼りない』という印象につながることも。そのため、仕事のできる女性の中には、職場では意識的に低めの声を出すようにしている人もいます。プライベートでは高い声でも、仕事では低めの声に。このように、声を使いわけて自分の印象を演出できる女性は、デキる女と言えるでしょう」

次のページ結論を言うタイミングは?

関連記事

関連キーワード

編集部ピックアップ

「大学生活」のカテゴリを絞り込む

学生の窓口会員になるとこんなにお得!

  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    記事やイベント

  • 会員限定の
    セミナー開催

無料会員登録

あなたのきっかけを探そう

気になる #キーワード をタッチ

もっと見る

テーマから探そう

あなたへのきっかけが詰まった、6つのトビラ

会員登録でマイナビ学生の窓口をもっと楽しく!

閉じる
マイナビ学生の窓口に会員登録(無料)すると、
お気に入り機能などを利用してもっと便利にご活用いただけます!
  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催