秋に食べたい! おいしいさんまを見分ける方法

学生の窓口編集部
2016/09/07
グルメ
あとで読む

各地で「さんま祭り」が開催されるなど、秋の味覚さんまをおいしく食べることがちょっとしたトレンドになっています。スーパーや魚屋さんでさんまを選ぶとき、どうせならよりおいしいものを選びたいですよね。今回はおいしいさんまの見分け方や、おいしいさんまの食べ方をお教えします。

■鮮度のよいさんまの特徴

まず、口の先が黄色いさんまを選びましょう。本来、生きているときのさんまは口が黄色い魚です。水揚げされると段々と、その本来の色素が抜けてきてしまいますので、口先がまだ黄色いさんまはより新鮮だからです。また、眼のまわりが透明に近く、赤くなったり濁ったりしていないものも新鮮なさんまです。また、開いていないさんまのほうがより新鮮です。開くと味が酸素に触れて、参加するため鮮度が落ちてしまうためです。

■脂が乗ったさんまを選ぶ方法

また、お腹に弾力があって固いものを選ぶことも大切です。魚は、鮮度が落ちるとともに内臓から悪くなってしまいますので、お腹の固さをチェックしてみましょう。脂が乗っているかどうかは、頭から背中の部分が盛り上がっているかどうかで分かります。ヒレの部分が盛り上がっているかどうかも重要です。逆に、あっさりしたさんまがお好みなら、こういった部分があまり盛り上がっていないさんまを選びましょう。

次のページお刺身のさんまの鮮度を見分ける方法は?

関連記事

関連キーワード

おすすめの記事

合わせて読みたい

編集部ピックアップ

「大学生活」のカテゴリを絞り込む

学生の窓口会員になるとこんなにお得!

  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    記事やイベント

  • 会員限定の
    セミナー開催

無料会員登録

あなたのきっかけを探そう

気になる #キーワード をタッチ

もっと見る

テーマから探そう

あなたへのきっかけが詰まった、6つのトビラ

会員登録でマイナビ学生の窓口をもっと楽しく!

閉じる
マイナビ学生の窓口に会員登録(無料)すると、
お気に入り機能などを利用してもっと便利にご活用いただけます!
  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催