「おコーヒーを」「何階でござるか?」丁寧に言ったつもりだけど……自分でも笑ったトンデモ敬語ミス

学生の窓口編集部
2015/07/12
将来を考える
あとで読む


敬語は「尊敬語」「謙譲語」「丁寧語」の3種類に分けられるのだと、国語の授業で習いましたよね。教わらなくても普段の生活で使っているし、決して難しいわけないじゃない! そう思っていたけれど、いざというときにおかしな敬語が口から飛び出したことはありませんか? そこで今回は、自分でも思わず笑ってしまったトンデモない敬語を読者に聞いてみました。

■時代劇ですか?

・「電話応対で『左様でございます』を『左様でござる』と言ってしまい侍のようだった」(女性/34歳/運輸・倉庫)

・「エレベーターで『何階でござるか?』と聞いてしまった」(男性/28歳/自動車関連)

拙者、レストランに行きたいので八階をお願いするでござる。日常生活のいたるところに武士がひそんでいた!?

■尊敬語と謙譲語をシャッフル

・「敬語の使い方がだんだんマヒしてきてしまい、こちらの資料を拝見ください、と間違ってしまったこと」(男性/30歳/学校・教育関連)

・「相手に対して『いただいてください』と普通に言っていたこと」(女性/32歳/金融・証券)

「拝見する」「いただく」は謙譲語で、尊敬語なら「ご覧になる」「召し上がる」に。この使い分けが敬語の難しいところです。

■気持ちは伝わります

・「この度はまことにありがとうと感謝申したいです、とわけのわからないことを言ってしまった」(男性/26歳/農林・水産)

・「緊張していて『大変かしこまりましてでございます』と変な敬語を使ってしまった」(男性/33歳/機械・精密機器)

緊張するくらい気を使ってくれたんだなと、良い意味に受け取ってほっこりしてくれるはず。

■丁寧すぎちゃった

・「上司にコーヒーを出す際、『おコーヒーをどうぞ』と言ってしまい笑われた」(男性/22歳/食品・飲料)

なんでもかんでも「お」をつけてしまう人はいませんか? 外来語には不要なのだそう。

次のページ「うけまわまりました」「へえ!」変な敬語ミス

関連記事

関連キーワード

おすすめの記事

合わせて読みたい

編集部ピックアップ

「仕事・将来」のカテゴリを絞り込む

学生の窓口会員になるとこんなにお得!

  • Tポイントが
    貯まる・使える

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催

無料会員登録

会員登録でマイナビ学生の窓口をもっと楽しく!

閉じる
マイナビ学生の窓口に会員登録(無料)すると、
お気に入り機能などを利用してもっと便利にご活用いただけます!
  • Tポイントが
    貯まる・使える

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催