応用編の第一歩! IF関数の「ANDとOR」複数条件を設定する方法を解説

2019/12/18

ITスキル

IF関数では、ひとつだけでなく、ふたつ以上の条件を組み合わせた設定もできます。実際のビジネスの現場では、ふたつ以上の条件を設定したり、さまざまな追加の関数を仕込んだりと、IF関数はさまざまな応用をされていますので、少しずつ使える技術のバリエーションを増やしていきましょう。

今回は、複数の条件を設定する場合の、IF関数の具体的な使い方についてご解説いたします。

前回の記事、基本から覚える「IF関数」にて、IF関数の記述方法を紹介しました。

基本の書き方では、「〇に当てはまる場合は真の値を返し、当てはまらなければ偽の値を返す」というものでしたが、今回は「〇かつ×ならば」、「〇もしくは×ならば」というように複数の条件を判断して値を返す、「AND関数」と「OR」関数について、学んでいきましょう。

ANDとORについて

IF関数で複数条件を設定する場合には「AND」、もしくは「OR」を使います。
「AND」は設定した条件の両方に当てはまる場合に、答えを返すもの。
「OR」は設定した条件のどちらかに当てはまる場合に、答えを返すようにするものです。

IF関数 複数条件設定 AND OR

※条件は2つ以上設定でき、それぞれの条件はカンマで区切りながら続けていきます。

AND関数の求め方

ここでは以下の画像を例に、AND関数の記述方法を解説します。

IF関数 複数条件設定 AND OR

(1)関数を設定するセルを選択

→関数式「=IF(AND(B4>80,D4>=140),"合格","")」を入力

(2)オートフィル機能を使って、すべてのセルに関数式をコピー

→ E4セルの右下にカーソルを移動→「+」の形になったときに、下へドラッグすると、結果が反映されます。

OR関数の求め方

続いて、OR関数の記述方法を解説します。

(1)関数を設定するセルを選択

→ 関数式「=IF(OR(B4>80,D4>=140),"合格","")」を入力

(2)オートフィル機能を使って、すべてのセルに関数式をコピー

→ E4セルの右下にカーソルを移動→「+」の形になったときに、下へドラッグすると、結果が反映されます。

まとめ

今回は、IF関数で「AND」や「OR」を組み合わせて、複数条件を設定する方法について解説しました。

Excelのオートフィル機能を使えば複雑な関数式も簡単にコピーできますので、これらを組み合わせて効率よく表作成をしてみましょう。

(学生の窓口編集部)

関連記事

新着記事

もっと見る

HOT TOPIC話題のコンテンツ[PR]

注目キーワード

注目:社会人ライフ全般

ITスキルの人気記事ランキング

  • 新生活準備応援クーポン特集

     ビジネス用語・カタカナ語80選

     先輩社会人の働き方本音トーク

     キャリアロードマップの一歩目

    ピックアップ [PR]

    イベント

    もっと見る