基本から覚えれば「IF関数」は簡単! 使い方や関数式を覚えて応用の一歩目を

2019/12/16

ITスキル

Excelに備わっている「IF関数」とは「もしも~だったら」というような条件から値を抽出する数式のこと。数式によって、異なる回答をするように設定でき、ビジネスシーンでもデータ活用や月例報告書を作るときなど、よく活用されています。

応用の幅が広く、あちこちからデータを取ってきて計算されているものは、一見しただけでは意味がわかりにくいものもありますが、基礎の段階ではとてもシンプルなものです。

ここでは具体例を示しながら、IF関数の基本事項を解説していきます。

<目次>

1.IF関数の概要と基本の関数式
2.IF関数の使い方 2パターン

▼<IF関数に関連した違う記事はこちら>
IF関数を使いこなす基本&応用の記述方法をサクッと紹介

該当するものの数を数えるCOUNTIF関数とは

IF関数の概要と基本の関数式

「IF関数」とは、「条件が当てはまれば○○、当てはまらなければ××」というように、指定条件に合致するかどうかを自動で判別させたいときに使う関数です。

基本の数式の書き方を見てみましょう。

IF( 論理式,真の場合の処理,偽の場合の処理)

真の場合の処理=論理式に一致した場合に表示する値

偽の場合の処理=論理式に一致しなかった場合に表示する値

例えば、とあるテストで60点以上で合格と表示させたい場合の式は「IF(x ≧ 60 , 合格,不合格)」このような形になります。

IF関数の使い方

IF関数の使い方は、2通りあります。それぞれの方法を、図解で説明します。

(1)IF関数の使い方【数式バーに直接入力する方法】

例1:合格点(55点)に達しているか、達していないかを調べる場合

IF関数の使い方 初歩

例2:必要在庫数に対して、補充が必要か、必要でないかを調べる場合

IF関数の使い方 初歩

(2)IF関数の使い方【Excelメニューの「数式」から入力する方法】

(1)Excelメニューの「数式」→「論理」の「▼」→「IF」を選択。論理式・真偽を入力

IF関数の使い方 初歩

(2)オートフィル機能を使って全てのセルに関数を設定。IF関数を設定したセルを選択。セルの右下角にカーソルを移動。

「+」の形になったときに、下へドラッグすると、結果が反映されます。

IF関数の使い方 初歩

まとめ

今回はIF関数の基本的な使い方について解説しました。

使い慣れたら他の関数と組み合わせて使ったり、複数の条件設定をして使ったりと、応用の幅が人い関数ですので、まずは今回の記事を参考にして、基本的な使い方をマスターしてみてくださいね!

(学生の窓口編集部)

関連記事

新着記事

もっと見る

HOT TOPIC話題のコンテンツ[PR]

注目キーワード

注目:社会人ライフ全般

ITスキルの人気記事ランキング

  • 新生活準備応援クーポン特集

     ビジネス用語・カタカナ語80選

     先輩社会人の働き方本音トーク

     キャリアロードマップの一歩目

    ピックアップ [PR]

    イベント

    もっと見る