仕事で「結果出さなきゃ」と焦り始めるのは何年目から? 社会人の3割は……

2017/04/06

社会人ライフ

●第4位「入社4年目」

・4年目となるともうベテランだと思われそうだから(女性/25歳/ホテル・旅行・アミューズメント)
・そろそろ人を引っ張って行かないといけないと思うと焦る(女性/25歳/商社・卸)
・実績を上げていく時期だと思うだから(女性/45歳/アパレル・繊維)
・下がどんどん入ってくる年になるので(男性/30歳/学校・教育関連)

●第5位「入社1年目」

・自分自身がそうだったから。訳も分からず必要以上に焦っていた(女性/38歳/食品・飲料)
・自分は1年目が勝負と思っていた。そのときの自分にそんなに頑張らなくていいと伝えたい(男性/38歳/自動車関連)
・このままでは次に入ってくる後輩に追い越されそうだと不安になった(男性/32歳/その他)
・しっかりできないと翌年仕事を切られそうだから(女性/33歳/人材派遣・人材紹介)

入社3年目という回答がもっとも多い結果に。「3年過ぎたら一人前」という意見もありました。たしかに、入社3年目は後輩も増えて焦りが出始めるタイミングかもしれません。

全体的に比較的早い時期から「結果を出さなければ」と思っている人が多いことがわかります。後輩の入ってくる2年目、責任の仕事を任されるようになる3年目、役職に就くようになる5年目あたりを節目と考えている人が多いようです。

文・学生の窓口編集部

マイナビ学生の窓口調べ
調査期間:2017年3月
調査人数:社会人男女16人(男性135人 女性133人)

関連記事

新着記事

もっと見る

HOT TOPIC話題のコンテンツ[PR]

注目キーワード

注目:社会人ライフ全般

  • 新生活準備応援クーポン特集

     ビジネス用語・カタカナ語80選

     先輩社会人の働き方本音トーク

     キャリアロードマップの一歩目

    ピックアップ [PR]

    イベント

    もっと見る