【結婚式の招待状のマナーまとめ】 招待状の返信の書き方を徹底解説!【図解つき】

2016/12/22

対人マナー

招待状の返信の例文

出席の場合:
おめでとうございます。喜んで出席させていただきます。
欠席の場合:おめでとうございます。残念ながら、所用のため欠席いたします。 お二人の末永い幸せをお祈り致します。

<招待状の出席、欠席の返信ハガキ例>

出席の場合「行」を「様」に。「ご」の文字を線で消します

欠席の場合「ご」の文字の上に「寿」を重ねる手法もあります

<招待状は洋封筒の閉じ方に注意!>

洋封筒を縦書きにして使用する際は、左右の確認をし、封を閉じる向きに気をつけましょう。左から右へ閉じるのは弔事の手紙に使用される「不祝儀重ね」といってお祝いの席には厳禁です。

慶事 右から左へ折るように、弔事 左から右へ折るように

結婚式の招待状をもらったときの返信の書き方やマナーについて解説しましたがいかがでしたか? 結婚式はしっかりマナーを押さえておかないと、招待してくれた人にも迷惑になってしまう可能性があります。今回ご紹介した内容をよく確認して、立派な社会人として結婚式に参加しましょう!

関連記事

新着記事

もっと見る

HOT TOPIC話題のコンテンツ[PR]

注目キーワード

対人マナーの人気記事ランキング

  • 新生活準備応援クーポン特集

     ビジネス用語・カタカナ語80選

     先輩社会人の働き方本音トーク

     キャリアロードマップの一歩目

    ピックアップ [PR]

    イベント

    もっと見る