【例文つき】ビジネス用語・カタカナ語80選! メール・会議で頻出のスグ使える略語・用語一覧

2018/09/19

ビジネス用語

は行のビジネス用語

■バッファ
バッファはもともとコンピューターに関する用語で、パソコンに一時的に情報を保存する領域をバッファと呼んでいました。このことから、IT用語としては今も「保存領域」という意味で使われます。これが転じて、ビジネス用語としては「余裕」「緩衝」という意味で使われるようになりました。

<例文>
・日程にバッファを取ってありますか?

▼ビジネス用語バッファの使い方と例文をもっと見る
意外と使えるビジネス用語「バッファ」の意味とは? 使い方を例文つきで解説【スグ使えるビジネス用語集】


■バジェット
バジェットは、予算という意味のカタカナ語。経費という意味になることもあります。

<例文>
・プロジェクトの進行はバジェット次第だ。

▼ビジネス用語・バジェットに関する記事をもっと見る
まるでルー語! 日本語使えば? と思うビジネス用語「バジェットはフィックス?」「リスケでコンセンサス」


■PDCAサイクル
PDCAサイクルは、「Plan:計画」、「Do:実行」、「Check:評価」、「Action:改善」の4段階を指し、何か作業を開始する前にまず計画を十分に練ることや実際に行った作業を常に見直すことが重要だという意味が込められたビジネス用語です。

<例文>
・上司からきちんとPDCAサイクルが回っているか確認するよう指示された

▼ビジネス用語PDCAサイクルの使い方と例文をもっと見る
例文つき!「PDCAサイクル」の意味や使い方を知って、ビジネスの効率化を図ろう【スグ使えるビジネス用語集】


■BtoB
ビジネス用語であるBtoBは、企業間取引という意味。対法人相手の取引のことを指しています。「B」の意味は、「Business」のBで、企業から企業の取引を行う場合や、サービスを提供する際に使われるビジネス用語です。

<例文>
・BtoB向け販売サイトを構築しよう!

▼ビジネス用語BtoBの使い方と例文をもっと見る
例文つき! 今さら聞けないBtoBの意味と使い方【スグ使えるビジネス用語集】

■フィードバック
フィードバックとは、業務内での行動などを評価した結果を、その行動した人や会社に対して伝え返すことをいいます。フィードバックは評価する側が、評価される側のモチベーションを上げ、能力を向上させるために行われるものなのです。

<例文>
・あのときのフィードバックのおかげで改善ができました。

▼ビジネス用語フィードバックの使い方と例文をもっと見る
ビジネスシーンで頻出! フィードバックの意味と使い方を例文つきで解説【スグ使えるビジネス用語集】


■フィックス
フィックスは英語で「固定する」「決定する」といった意味がある動詞です。他にも多くの意味を持つ単語ですが、ビジネス用語で使う場合は「固定」「決定」の意味で使われるのが一般的。またフィックスには「修正する」するという意味もあり、IT用語ではプログラムの修正をフィックスと呼ぶこともあります。

<例文>
・設計図はこれがフィックスということになりました。

▼ビジネス用語フィックスの使い方と例文をもっと見る
よく聞くフィックスの意味とは? ビジネスシーンでの使い方と例文【スグ使えるビジネス用語集】


■フェーズ
フェーズは「段階」や「曲面」を意味する英語phaseから来ています。売り上げのように単位があり、数字の変化から変化が目にみるようなものではなく、プロジェクトの進捗状況のように、単位はないけれど変化していくものに対して使われるのがこの「フェーズ」です。

<例文>
・この工程が完了したので、第2フェーズに移りたいと思います。

▼ビジネス用語フェーズの使い方と例文をもっと見る
フェーズってよく聞くけど結局どういう意味? 使い方と例文【スグ使えるビジネス用語集】


■プライオリティ
プライオリティは、英語の「priority」で、優先順位や優先権という意味があります。ものごとを重要度と緊急度を軸にして考えるものです。ふだん仕事をしていると、緊急性が高いことに追われがちになってしまいますが、長い目で見て何が大切か、何に重きを置いて考えるか、行動するか、その重要度や緊急度のことを指しています。

<例文>
・この案件はプライオリティ高めで対応してください。

▼ビジネス用語プライオリティの使い方と例文をもっと見る
プライオリティの意味とは? ビジネスシーンでの使い方と例文【スグ使えるビジネス用語集】


■ブラッシュアップ
ブラッシュアップは英語の「Brush Up」から来たビジネス用語で、その意味は「何かにさらに磨きをかける」、「さらによくする」、「上達する」などを指すビジネス用語です。現状の状態よりももっといい状態にすること、そしてそれを目指す行動のことを指します。また、まとまりのないものに関して、審査、精査を重ねて一段と質のいいものにする意味でも使われます。

<例文>
・この企画の内容はもう少し詰めたブラッシュアップが必要です。

▼ビジネス用語ブラッシュアップの使い方と例文をもっと見る
活用したい! ブラッシュアップの意味と使い方を例文つきで解説【スグ使えるビジネス用語集】


■ブルー・オーシャン
「ブルー・オーシャン」の意味は、競争相手のいない未開拓の市場ということです。ブルー・オーシャンの対になる言葉としてキムとモボルニュが使っている言葉が、「レッド・オーシャン」になります。

<例文>
・ユニクロは、ヒートテックなどの高機能な衣料品でブルー・オーシャンを創った。

▼ビジネス用語ブルー・オーシャンの使い方と例文をもっと見る
よく聞くブルー・オーシャンの意味とは? 例文つきで使い方を知ろう【スグ使えるビジネス用語集】


■ブレスト
ブレストとは「ブレインストーミング」を略したビジネス用語です。英単語では「Brainstorming」で、アレックス・オズボーン氏が考案したミーティングの手法のひとつです。あるテーマについて複数の人が自由に意見やアイディアを出し合い、それを参加者がそれそれの考えを出し合い、掛け合わせて考えることで新しい発想や方法、手法、施策、戦略までを導き出すことを目的にしたミーティングの方法です。

<例文>
・今日のミーティングはブレストで行います。

▼ビジネス用語ブレストの使い方と例文をもっと見る
ブレスト(ブレインストーミング)ってどういう意味? その使い方と活用シーンとは【スグ使えるビジネス用語集】


■ペルソナ
ビジネスで使うペルソナとは、「その企業にとって最も象徴的なユーザーモデル」のことを意味し、年齢、性別はもちろん学歴や家族構成、趣味などまで細かく設定されます。

<例文>
・新商品のためのペルソナを来週の会議までに作っておいてください。

▼ビジネス用語ペルソナの使い方と例文をもっと見る
マーケティングでよく聞くペルソナの意味とは? 知っておきたい使い方と例文【スグ使えるビジネス用語集】


■ペンディング
「ペンディング」とは本来、英語のpendingが「宙ぶらりん」の状態を指すことから、ビジネス用語では、保留、先送りすることを意味しています。未解決、未決定などの意味もあります。

<例文>
・この件は一旦ペンディングにして会社に持ち帰ります。社内で再検討してご提案させていただきます。

▼ビジネス用語ペンディングの使い方と例文をもっと見る
ビジネスシーンで頻出のペンディングの意味とは? 使い方と例文をチェック!【スグ使えるビジネス用語集】


■報連相(ほうれんそう)
報連相とは、「報告」、「連絡」、「相談」のそれぞれの頭文字をとったビジネス用語。仕事を円滑に行う上で重要なポイントです。

<例文>
・報連相を忘れないことが新人の基本だ。

▼ビジネス用語・報連相(ほうれんそう)の使い方と例文をもっと見る
「報連相(ほうれんそう)」の意味と使い方は? ビジネスで報連相を実践するポイント【スグ使えるビジネス用語集】


■ボトムアップ
「ボトムアップ」は、bottom upと書きます。直訳すると、ボトム(底)がアップ(上がる)ということです。その文字通りビジネス用語としての意味は、「組織の部下から、上司や組織を運営する経営陣へ、現場で起きている状況や内容、改善されるべき意見や提案が届けられること」を意味します。

<例文>
・そのアイディアいいね。ボトムアップして今度、部長会議にかけてみようか。

▼ビジネス用語ボトムアップの使い方と例文をもっと見る
積極的に活用したい「ボトムアップ」その意味と使い方を例文つきで解説【スグ使えるビジネス用語集】


■ボトルネック
「ボトルネック」とは作業やシステムなどにおいて能力や容量などが低い、、または小さく、全体の能力や速度を規定してしまう部分のことを指します。

<例文>
・最近、サイトのパフォーマンスが低下してきたが、どの機能のレスポンスがボトルネックになっているか調べる必要がある。

▼ビジネス用語ボトルネックの使い方と例文をもっと見る
ビジネスでよく耳にする「ボトルネック」の意味とは? 知っておきたいボトルネックの使い方と例文【スグ使えるビジネス用語集】

次のページま行のビジネス用語は?

関連記事

新着記事

もっと見る

HOT TOPIC話題のコンテンツ[PR]

注目キーワード

ビジネス用語の人気記事ランキング

  • 新生活準備応援クーポン特集


    ピックアップ [PR]