ß

粗利と売り上げの違いは何? ビジネスに必須の粗利の意味と使い方&例文【スグ使えるビジネス用語集】

2016/11/16

ビジネス用語

■粗利を使うビジネスシーンと例文


では実際のビジネスシーンで「粗利」がどのように使われるのか例文をご紹介していきます。

・粗利計算は、営業、経理、貿易などの財務管理で必要になります。
・粗利とは、損益計算書上の売上純利益のことを指しています。

営業担当者から、その粗利はどれくらい? と聞かれることも多いかもしれません。下記の算出法を覚えておくと役に立ちます。

・粗利の算出方法は売り上げから仕入れ原価を差し引いた数字です。
・業界が異なる場合は粗利や粗利率は比較の対象にはなりません。
・経営者や営業担当は粗利を意識しながら業務を進めることが大切です。

ビジネスシーンでは、よく粗利が意識されるので、その意味や算出方法、考え方、会話の中での使い方をよく理解しておかないと的確な受け答えができませんよね。会計や事務的なものに関わる場合も、粗利を知っておくことで会社の状況、他社の状況がよくわかるようになるでしょう。

文・学生の窓口編集部

関連記事

新着記事

もっと見る

HOT TOPIC話題のコンテンツ[PR]

注目キーワード

新生活準備応援クーポン特集

 ビジネス用語・カタカナ語80選

 キャリアロードマップの一歩目

  • ピックアップ [PR]

    イベント

    もっと見る