職場で「無理しすぎ!」と感じた同僚女性のファッション「素足」「ボディコン」「娘のお下がり」

2015/04/28

社会人ライフ

■男性の目を意識しすぎ

・ボディーラインが目立つタイトなワンピースなど(女性/23歳/その他)
・胸の小さい人が、ブラウスの第1ボタンを外している。ボタンをとめることに何も弊害がなさそうなのに外す理由がわからない(女性/26歳/商社・卸)

職場でむやみに男性の目を意識する必要はありません。何のために会社に来ているのかわからないような服装は、仕事に対する意識が低いと捉えられる可能性もあります。女の魅力だけでは切り抜けられないのがビジネスです。

■過去の栄光

・40代後半なのに、ボディコンなワンピースを毎日着ていた巻き髪の女性。まあそういう世代なのかもしれないけど(女性/33歳/アパレル・繊維)
・50過ぎて超ミニスカート。自分はまだまだイケると思ってるみたいで、あからさまに男を意識した格好をしてた。どうせ仕事中は作業着なのに......(女性/40歳以上/食品・飲料)

昔はイケイケだったのかもしれませんが、年を重ねたならそれ相応の落ち着きを持ってほしいもの。いつまでも若かったころと同じ服装だと、年を取ったからこそ身につく色気も感じられません。

仕事の評価につながってしまう可能性さえある職場での服装。プライベートの私服以上に気を遣って選ばなければいけません。目立つ必要はないので、自然で好印象を与える服装を心がけましょう。

調査期間:2014/4月(フレッシャーズ調べ)
調査対象:社会人男女
有効回答件数:280件

関連記事

新着記事

もっと見る

HOT TOPIC話題のコンテンツ[PR]

注目キーワード

 ビジネス用語・カタカナ語80選

 キャリアロードマップの一歩目

  • ピックアップ [PR]

    イベント

    もっと見る