「高級時計を買う」「彼女がいるのにキャバクラ」女性が「理解できない!」と頭を抱える男性の言動

2015/03/10

社会人ライフ

「高級時計を買う」「彼女がいるのにキャバクラ」女性が「理解できない!」と頭を抱える男性の言動

みなさんは、恋人や奥さん、旦那さんの理解不能な言動にイライラしたことはありませんか? 個人差はもちろんありますが、性別が違うとどうしても考え方や価値観にズレが出てくるものです。今回は社会人女性395人に、「理解できない!」と頭を抱えてしまう男性の行動を聞いてみました。

▼こちらもチェック!
女性に聞いた、恋愛トークで男性との価値観の違いに驚愕したこと「スマホに元カノフォルダ」「顔だけで恋人を選ぶ」


■何アピール?! 昔の武勇伝を語る

・「昔は悪かった」など、自慢にならないような武勇伝を語ること(女性/28歳/ホテル・旅行・アミューズメント)
・過去の武勇伝をいつまでも語る(女性/25歳/情報・IT)
・悪ぶっていた頃の話を自慢する(女性/29歳/団体・公益法人・官公庁)

過去の栄光を語る男性に対して、「むしろ逆効果」「どこに惹かれればいいか全く理解できない」というマイナスの声が集まりました。昔ヤンチャしてました、という話は何のアピールにもなっていないようです。

■なぜ高い時計を買うの?

・とりあえず高い時計を買うこと(女性/32歳/その他)
・高級なブランドの時計をほしがること(女性/27歳/人材派遣・人材紹介)
・やたらと腕時計に対するこだわりを持つ(女性/32歳/その他)

たしかに、時計のように高級感のあるものにロマンを感じる男性って多いですよね。ブランド時計に並々ならぬ情熱をささげている男性を見ると「時間が確認できればそれでいいんじゃ......」と思ってしまう女性もいるようです。

■ギャンブルをやるのが理解できない!

・競馬やパチンコなど、賭け事が好きな人がすごく多い。圧倒的に男性のほうが多いし、負けることばかりなのに、もったいないと思わずに大金を費やしている(女性/40歳以上/その他)
・ギャンブル。限度を超えてのめりこむから(女性/40歳以上/その他)
・ギャンブルにはまる。お金の無駄遣いにしか思えないので(女性/29歳/人材派遣・人材紹介)

パチンコや競馬と言ったギャンブルは、もちろん女性もやる人はいますが、ノータッチの人からすると共感するのが難しい趣味のようです。

■風俗に行く、キャバクラに行く

・風俗にいくことを自慢する。こっそり行くならまだしも、男同士で自慢しあったり、何をしたいのかわからない(女性/31歳/金融・証券)
・仕事の付き合いという名目で風俗やキャバクラなどに行くこと(女性/26歳/団体・公益法人・官公庁)
・かわいい彼女がいるのに風俗やキャバクラなど女の人がいるお店に行くこと(女性/35歳/金属・鉄鋼・化学)

風俗やキャバクラなどに男性が通うことをよく思わない女性が大多数。たとえ仕事の付き合いと言われても、なかなかすんなりとは納得できないですよね。

■いろいろなものを収集

・戦闘機のプラモデルなど違いがよくわからないものをたくさん収集している(女性/40歳以上/電機)
・収集する癖(女性/33歳/金融・証券)
・収集癖。役に立たないものをただ集める意味が分からない(女性/30歳/機械・精密機器)

大人になると、模型やフィギュアを買い集めるなど、好きなものに膨大な金額をつぎ込む人もいますよね。男性にとっては「男のロマン」でも、女性にとっては「無駄遣い」と思われてしまうことがあるようです。

いかがでしたか? 今回のアンケートでは、ギャンブルでの散財や高級時計の購入などお金に絡むことや、女性関係・趣味関係のことまで多種多様な疑問が集まりました。単純に「男だから」とは言い切れないことですが、心当たりがある男性も多かったのでは? 性別が違えば、価値観や考え方が異なってしまうのは仕方のないこと。男女ともにお互い歩み寄って、相手をイライラさせないように過ごせたらいいですね。

文・安井久美子

調査期間:2015/1月(フレッシャーズ調べ)
調査対象:社会人女性
有効回答件数:395件

関連記事

新着記事

もっと見る

HOT TOPIC話題のコンテンツ[PR]

注目キーワード

注目:社会人ライフ全般

社会人ライフの人気記事ランキング

  • 新生活準備応援クーポン特集

     ビジネス用語・カタカナ語80選

     先輩社会人の働き方本音トーク

     キャリアロードマップの一歩目

    ピックアップ [PR]

    イベント

    もっと見る